【CP+2023】SAEDA、PhottixのソフトボックスGCapsuleに注目 ランタンなど4モードがオールインワン


カメラと写真映像の展示イベント「CP+2023」が、2月23日〜26日までパシフィコ横浜で開催。Phottixのブースでは、3月中旬発売予定のLEDライト 「Phottix X600」のほか、3月9日発売のソフトボックス「GCapsuleシリーズ」などを展示。

X600 に GCapsuleを装着。GCapsuleは外メーカーのLEDライトにも装着できる。

ソフトボックス「GCapsuleシリーズ」は、ランタン、グリッド、ビューティーディッシュ、ソフトボックの4モードをひとつでこなすオールインワンパッケージ。さらにランタンモードで使うトランスルーセントアンブレラは、単体でも使用可能だ。それぞれ別々で準備していた各ディフューズアイテムが、これひとつで済むため、現場に持ち込む機材量を減らすことができる。

GCapsuleにグリッド装着

 

GCapsuleのランダンモード。トランスルーセントアンブレラとしても使える。

 

リフレクター付きのインナーディフューザーでビューテーディッシュとしても活用可能。

 

カラーフィルターも入れられる。

「Phottix X600」は、LEDライトでは珍しいホワイトの外観。500Wの出力で、色温度はデイライト固定(5600K)。ホワイトの外観は、あえて機材を映り込ませ、”現場を魅せる”撮影が増えてきたことによるもの。ウエディングの現場などでも活躍が見込まれる。

X600は珍しいホワイトの機体。
vsw