【Inter BEE 2019】FeiyuTech、ジンバルの新製品とアクションカメラ「RICCA」も持ち込む


▼バーサタイルハンドルを付属し、2,200gまでのカメラに対応する「AK2000S」。写真のようにハンドルを握ってカメラを構えるとバランスがとれているためか、軽く感じられる。

▼10月に発売になったばかりのリモートコントローラーにもなるバーサタイルハンドル付きの「AK4500スタンダードキット」。ジンバルにカメラを載せて自立させるとリモート電動雲台のような使い方もできる。

▼スマートフォンからミラーレス一眼用のジンバル「G6 Max」。1,200gまでの重量に対応する。

▼GoProなどアクションカメラ用のジンバル「Vimble2A」。ハンドル部分は自撮り棒のように最大18cmまで伸ばすことができる。

▼スマートフォン用のジンバル「Vimble2S」。こちらも自撮り棒のように伸ばすことができる。

▼フェイユーブース内ではYouTuberの川井浩二さんによるデモンストレーションが行われ、ジンバルの豊富な機能を熱く紹介していた。

▼日本ではまだ発売されていないフェイユー初のアクションカメラ「RACCA」の顔見せも。