【Inter BEE 2018】タスカム/ティアック~次世代のライブ映像制作&配信、ライブレコーディングに注力


Hall 1(プロオーディオ部門)にあるタスカム/ティアックブース。

最も力を入れているのは次世代のライブ映像制作&配信の世界。IPライブ伝送で機能するDanteコンバーターやDante対応レコーダー・プレーヤーの新製品が多く展示。

映像制作で活用するフィールド/ビデオサウンドレコーダー関連製品は、DR-10LやDR-10X、DR-701Dなどおなじみの機材が。

目を引いた新製品が、24トラック・ライブレコーディングミキサーのModel 24。22チャンネル+2ステレオミックスの最大24トラックをミキシングできるだけでなく、本体にバックアップ可能=SDカードに24トラックの同時記録が可能。Bluetoothも備えていて、スマホ等とペアリングさせて、そこからの音源も取り込める。フェーダーは一般的な長さの60㎜を本機では100㎜に、というこだわりの1台。14万5千円。