アトモス、高輝度パネルとデュアルバッテリーを採用した
SHOGUN FLAMEとNINJA FLAME


4Kモニター&レコーダーとして多数のユーザーに現場で使われている、アトモスのSHOGUNとNINJA ASSASSIN。アトモス社は、このたび、その後継モデルを発表した。
現行SHOGUN、NINJA ASSASSINは、新製品発売のため、生産終了となり、在庫限りの扱いとなる。


SHOGUN FLAME


shogun_flame_hero_3DW.png
ATOMOS SHOGUN FLAME
定価 238,000円(税込) / 220,371円(税別)
UPCコード 814164020480
発売日:2016年3月末

SHOGUN FLAMEは7型Full HD 高輝度S-IPS液晶、4K 30p ProRes/DNx記録対応のモニター一体型
レコーダー。従来比約4倍の1500nitを実現した高輝度LCDパネルを採用し、野外での見やすさを向上したのが最大のポイント。
HDMI/6G-SDI入力/出力端子を装備し、基本性能は既存のSHOGUNと同様。筐体はしんせっけいになり、より高剛性化している。また、デュアルバッテリースロットを装備し、交互にバッテリーを使用することで長時間の連続運用を実現する”Continuous Power”を採用するなど、撮影現場での利便性を向上している。
SHOGUN_FLAME_backW.jpg
加えて、Logガンマによるハイダイナミックレンジ(HDR)映像のモニタリングに特化した”Atom HDRモード”を搭載。これは、各社カメラメーカー(ARRI、キヤノン、 JVC、パナソニック、 RED、 ソニー等対応予定)のLogガンマ映像をSHOGUN FLAMEに採用した高輝度LCDの特性に最適化することで、自然な色調と滑らかな高輝度階調の表示を実現。従来では難しかったLogガンマによる収録時の適正露出の判断を助ける。
付属アクセサリーも充実。 5200mAhバッテリーの2個付属や従来比から3倍高速化した新型バッテリーチャージャーの採用、従来別売だったサンフードも同梱される。
同梱物
– SHOGUN FLAMWE本体
– マスターキャディー2(SSDケース)×5
– 5200mAhバッテリー×2
– バッテリーチャージャー(高速充電対応)
– D-tap-DCコネクターケーブル
– XLRコネクターケーブル
– USBドッキングステーション
– LANCスレーブ接続用ケーブル
– HPRC製カスタムキャリーケース(黄)
– サンフード
– クイックスタートガイド (簡易マニュアル)

NINJA FLAME


ninja_flame_hero_3DW.png
ATOMOS NINJA FLAME
定価 178,000円(税込) / 164,815円(税別)
発売日: 2016年4月上旬

SHOGUN FLAME同様、高剛性を実現した新筐体に1500nit高輝度LCDパネル、Atom HDRモード、デュアルバッテリースロットを装備したモニター一体型レコーダー。SHOGUN FLAMEからSDI、XLRオーディオを省略することで低価格にしている。従来のNINJA ASSASSINでは省略していた付属アクセサリーだが、NINJA FLAMEではHPRCハードケース(赤)に、ACアダプター、マスターキャディー2×5個、USBドッキングステーション、5200mAhバッテリー2個、新チャージャー、D-Tap-DCコネクターケーブル、サンフードなどSHOGUN FLAME同様の構成になっている。
NINJA_FLAME_backW.jpg
同梱物
– NINJA FLAMWE本体
– マスターキャディー2(SSDケース)×5
– 5200mAhバッテリー×2
– バッテリーチャージャー(高速充電対応)
– D-tap-DCコネクターケーブル
– USBドッキングステーション
– LANCスレーブ接続用ケーブル
– HPRC製カスタムキャリーケース(赤)
– サンフード
– クイックスタートガイド (簡易マニュアル)