ニコンからフルサイズのデジタル一眼D600が登場


ニコンは、ニコンFXフォーマットを採用したデジタル一眼レフカメラとして最小・最軽量、高精細で高画質な画像を実現する有効画素数約2400万画素の新開発ニコンFXフォーマットCMOSセンサー、上位機種(「D4」や「D800」「D800E」)と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載、充実の基本性能を備えたデジタル一眼レフカメラ「ニコンD600」をは票した。。
(ニコンでは35㎜フルサイズのことをFXフォーマットとしている)
コンパクト(幅約141mm、高さ約113mm、奥行き約82mm)で軽量(約760g)なボディを実現しながら、上位機種に迫るほどの高画質と描写性能、操作性能、耐久性を凝縮させたモデル。
有効画素数約2400万画素の新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、上位機種と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」、視野率約100%の光学ファインダー、大画面で視認性に優れた広視野角3.2型液晶モニターを搭載。さらに、「D800/D800E」と同等の防塵、防滴性能を実現し、上位機種から多くの高度な機能や性能を継承しながら、小型軽量化と高いコストパフォーマンスを実現。
動画では、有効画素数約2400万画素の高画素を活かした高精細なフルHD動画(1920X1080、30p)に対応し、さらに、「FXベースの動画フォーマット」と「DXベースの動画フォーマット」の使い分けができる「マルチエリアモードフルHD Dムービー」を搭載。1台のカメラでFX、DX対応の NIKKORレンズラインナップと連携してより自由な映像表現が楽しむことができる。


ニコン
D600
オープンプライス(推定22万円前後)
2012年9月27日発売

なお、「D600」とレンズを組み合わせた以下のキットも同時発売。
•D600 24-85 VRレンズキット オープンプライス(推定27.5万円前後)
9月27日発売予定
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR付き
•D600 ダブルレンズキット オープンプライス(推定30万円前後)
9月27日発売予定
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 、AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G付き
D600_ME1.jpg
▲マイクは別売
D600_ambience_3.jpg
発表会場では、D600でのネイチャー撮影の模様をD600で撮影したデモムービーも流されていた。再生はBDだったが、D800よりもモアレは抑えられているようだ。
(D800は動画においては盛大にモアレが出る問題があった)
映像は、NIKKORレンズのヌケの良さが印象に残った。
またカメラ内で微速度撮影・再生をする機能を搭載しており、通常再生速度の24倍~36000倍の速度で再生される動画をカメラ内で簡単に生成できる。
HDMIはカメラ本体液晶と同時に外部出力も可能。そのHDMIをモニターしたり、記録することができる。
動画の最長記録時間は29分59秒で変わらず。
圧縮方式はMPEG4 AVC/H.264、音声はリニアPCM。
動画はネイチャー系で攻めてきました。
いいんじゃないでしょうか!?