パナソニック、
4K/HD/SD同時出力の4Kスタジオ
ハンディカメラなど


パナソニックは、4K画質と長距離光伝送を実現し、UHD(4K)出力とHD同時出力に対応した放送業務用4KスタジオハンディカメラAK-UC3000シリーズと、1080p 4倍速撮影が可能なハイエンド放送業務用HDスタジオハンディカメラAK-HC5000シリーズを2016年3月に発売する。
PANAUC.jpg


4KスタジオハンディカメラAK-UC3000シリーズは、新開発4K単板大判センサーを搭載しつつも、マウントは従来のB4マウント。昨年のInterBEEでもその原型が出ていたが、要はボディ内撮像面積を広げる光学レンズを組み込むことで、2/3マウントのB4マウントを利用しながら、4K大判単板センサーとマッチングさせることが可能になった。新撮像方式により入射光を最大限に活用し、高いダイナミックレンジを確保する。ラインナップとしては、多治見コネクターモデルと、LEMOコネクターモデルがあり、価格はそれぞれ450万円。
img01.jpg
▲HC3000の4K撮像方式
HDスタジオハンディカメラAK-HC5000シリーズは、2/3型3MOSセンサーを搭載。1080p 4倍速撮影機能を持ち、スポーツやライブイベントなど、躍動感あふれるシーンの撮影で活躍する。こちらも多治見コネクターモデルとLEMOコネクターモデルがあり、価格はそれぞれ650万円。
AK-UC3000とAK-HC5000に共通で使用できるカメラコントロールユニット(CCU)、リモートオペレーションパネル(ROP)、マスターセットアップユニット(MSU)、9型LCDカラービューファインダー、1.5型HDビューファインダー、ビルドアップユニットもあわせて発売。運用性・操作性の両面で優れたコストパフォーマンスを発揮する。
両機は、2016年4月18日(月)から21日(木)までアメリカ・ラスベガスで開催される「2016NABショー」に出展される。
AK-HC3000シリーズの情報はこちら
http://panasonic.biz/sav/products/ak-uc3000/
AK-HC5000シリーズの情報はこちら
http://panasonic.biz/sav/products/ak-hc5000/index.html
【問い合わせ先】
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:《フリーダイヤル》0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)