8月25日にNHKふれあいホールで
3D東日本大震災を公開


NHKメディアテクノロジーは東日本大震災直後から被災地を3Dで継続的に取材し作品化しており、ビデオサロン9月号では、麻倉怜士さんの連載「3D4K最前線」でピックアップした(9月号P81〜82参照)。その最新の3D作品が「NHK防災パーク2013」にあわせて一般公開される。


題名:3D「東日本大震災~津波の傷跡~2011-2013」(長さ24分)
日時:8月25日(日)11時、12時、13時、14時、15時からの5回
場所:NHKふれあいホール(渋谷区神南1丁目のNHKホール前)

入場無料。出入り自由。
防災パークのイベントの情報はこちらから