アドビ、Premiere Proのアップデートを発表〜オーディオ編集・テキストスタイル機能が強化


アドビは、Adobe Premiere Proのアップデートを発表した。ベータ版で1月16日より利用可能。

同アップデートにより、タイムラインのクリップ上にインタラクティブなフェードハンドルが表示され、ユーザーはハンドルのクリック&ドラッグ操作だけでさまざまなカスタムオーディオフェードを作成できる。

さらに、AI搭載の新しい「オーディオタイプの自動タグ付け」機能では、クリップを「会話」、「ミュージック」、「効果音」、「環境音」のいずれかに自動的に識別してアイコンを表示するため、ユーザーはそれぞれのオーディオタイプに最も適したツールにワンクリックでアクセスできる。

クリップバッジのデザインも一新され、どのクリップにエフェクトがかかっているかを確認したり、新規のエフェクトをすばやく追加したり、エフェクトの設定を調整するのも簡単だという。

他にも、トラックの高さの変更に追従する、よりモダンでインテリジェントな波形表示や、タイムライン上のオーディオが見やすく、扱いやすくなるように改良されたクリップカラーなどのアップデートが実施されている。

Adobe Premiere Pro(ベータ版)で利用可能なこれらの新オーディオ機能に加え、アドビのAIを活用した「スピーチを強調」ツール(不要なノイズを即座に除去し、会話の録音状態を改善)は、すべてのAdobe Premiere Proユーザーが利用できるよう2月に一般提供開始予定。

これらの新機能と革新的な技術を組み合わせることで、Adobe Premiere Proのオーディオワークフローが大幅に更新され、ユーザーは高品質なオーディオでビデオを作成し、より少ないクリック数で最終的なミックスまで完了できるようになるとしている。

 

新しいオーディオワークフローが、ビデオ編集プロセスを強化

Adobe Premiere Pro(ベータ版)の新しいオーディオワークフローは、ユーザーがサウンドを正確にコントロールし、クオリティを向上させるために必要なツールを提供する。最新機能は以下の通り。

インタラクティブなフェードハンドル:クリップ上のハンドルのドラッグ操作だけでフェードを作ることができ、これまでにない速さでカスタムオーディオトランジションを作成できる。

・「オーディオタイプの自動タグ付け」が可能な新しいエッセンシャルサウンドバッジ:AIがオーディオクリップを「会話」、「ミュージック」、「効果音」、「環境音」として自動的にタグ付けし、新しいアイコンを追加。ユーザーは作業に適したコントロールにワンクリックですぐにアクセスできる。

エフェクトバッジ:新しいビジュアルインジケーターにより、どのクリップにエフェクトがかかっているかを簡単に確認でき、さらに新規エフェクトをすばやく追加できる。

タイムライン上の波形表示の刷新:クリップのトラックの高さを変更すると、波形のサイズも変わる。また、新しいカラーにより見やすくなる。

 

AdobePremiereProのテキストスタイル機能を強化

AdobePremierePro(ベータ版)のテキストスタイル機能が強化された。最新機能は以下の通り。

・エッセンシャルグラフィックスの参照用サムネイル:エッセンシャルグラフィックスのドロップダウンに、スタイルがサムネイルとともに表示されるので、スタイルを簡単に確認できるようになる。

・新しいスタイルブラウザ:新設されたアイコンビューのスタイルブラウザにより、スタイルをシームレスに閲覧して再利用できる。

・テキストの一部に属性を適用:強調したいワードや箇所だけに異なるスタイルを適用することが可能になる。

・カラーフォント対応:カラーフォントに対応しているフォントを適用することでAdobePremierePro上でも表示することが可能。

 

◉Premiere Pro ベータ版
https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/using/premiere-pro-beta.html

アドビ株式会社
https://www.adobe.com/jp/

vsw