アミュレット、Thunderbolt 3対応 2.5インチドライブ用 4ベイ外付けハードディスクケースOWC ThunderBay 4 miniの取り扱いを開始


アミュレット株式会社は、Thunderbolt 3対応 2.5インチドライブ用 4ベイ外付けハードディスクケース『OWC ThunderBay 4 mini(Thunderbolt 3)』を4月17日より発売する。価格はオープンで、市場想定価格はSoftRAID XT ライセンス付属が56,000円、SoftRAID Lite XTライセンス付属が44,000円(ともに税込)。

本製品は、映像素材の編集・保存用ストレージ環境構築に最適な、Thunderbolt 3対応外付けハードディスクケース。最大4台までの2.5インチ ハードディスクドライブまたはSSDを搭載することで、大容量のデータを高速に保存・参照することができる。

macOS向けソフトウェアRAID構築アプリケーション「SoftRAID XT」または「SoftRAID Lite XT」のライセンスが付属し、ストレージの高速性、信頼性、可用性を高めることができる。Windowsでは、OS標準で提供される「記憶域スペース/記憶域プール」を利用してドライブの冗長化を実現。

191mm(奥行) x 96mm(幅) x 117mm(高さ)のコンパクトなボディで、一般的なセキュリティスロットに加えて、前面パネルにキーロックを搭載。さらにThunderbolt 3を生かして、SSD搭載時のストライピング(RAID 0)環境で、1400MB/sを超える高速読み書き性能を実現している。また、標準で2ポート搭載しており、他のThunderbolt 3機器やUSBマウス、キーボード、USBメモリなど、様々な機器が接続可能。

主な特長

・高速・大容量・コンパクトストレージ
OWC ThunderBay 4 miniは、Thunderbolt 3でパソコンと接続できる、4ベイ外付けハードディスクケース。191mm(奥行) x 96mm(幅) x 117mm(高さ)のコンパクトボディに4台までの2.5インチハードディスクまたはSSDを搭載。40Gbps(理論値最大)までの高速データ転送が可能なThunderbolt 3ポートと合わせて、高速・大容量・コンパクトなストレージ環境を構築できる。

・ソフトウェアRAID対応
macOS向けRAID構築アプリケーション「SoftRAID XT」または「SoftRAID Lite XT」のライセンスが付属し、ミラーリング(RAID 1)やストライピング(RAID 0)などのRAIDを構成することができます。また、macOSおよびWindowsで提供されるソフトウェアRAID機能も利用可能。

・様々な機器と接続可能
Thunderbolt 3は2ポート仕様なので、デイジーチェーンで他のThunderbolt 3機器とも接続できる。また、パソコンとのThunderbolt 3接続時に、もう一方のThunderbolt 3ポートをUSBポート(Type C)としても利用できる。USBマウスやキーボード、USBメモリなど、様々な機器を本製品を経由して接続可能。USB PD(Power Delivery)対応なので、接続されたUSB機器への電力供給(15W)が可能。

・Mac&Windows対応
外付けストレージとして、それぞれのOSに対応。macOSでは起動ディスクにも対応で、搭載したハードディスクにOSをインストールして高速なシステム環境を構築することができる。またTime Machineのバックアップ先としても利用可能。

 

主な仕様

製品名: OWC ThunderBay 4 mini(Thunderbolt 3)
概要: Thunderbolt 3対応 4ベイ外付けハードディスクケース
パソコン用インターフェース: Thunderbolt 3 x2(デイジーチェーン対応)
電源:専用ACアダプタ(12V/6A)
外形寸法: 191mm x 96mm x 117mm
重量: 約1.1kg(ケース本体のみ)
付属品: Thunderbolt 3ケーブル、専用ACアダプター、セキュリティキー、取扱説明書、SoftRAID XT/SoftRAID Lite XT クイックガイド、保証書
パソコン: Thunderbolt 3ポートを搭載した、MacおよびWindowsパソコン
OS: macOS 10.13以降、Windows 10

 

◉製品情報
https://www.amulet.co.jp/owc/storage/owc-thunderbay-4-mini-thunderbolt3/

アミュレット株式会社
http://www.amulet.co.jp/