アストロデザイン、超高精細映像を用いた広域映像配信実証実験に参加。沖縄・大阪・東京間で8K 映像をSMPTE ST 2110準拠でIP伝送


アストロデザイン株式会社は、国立研究開発法人情報通信研究機構、 (以下:NICT)総合テストベッド研究開発推進センターが主催する「超高精細映像を用いた広域映像配信実証実験」に参加したことを発表した。

同実験は、NICTと産学官約70組織がそれぞれ技術や人材、機材を持ち寄り、札幌・東京・大阪・沖縄などの複数拠点を結び、通信・映像に関する技術検証を中心として行われた。

 

同社参加実験の概要

超高精細8K 非圧縮映像を利用した各種配信実験・性能評価、他

沖縄から8K 映像 59.94Hz YUV4:2:2 10bitを非圧縮でSMPTE ST 2110 準拠の信号に変換して IP
伝送し、 大阪や 東京 で マルチキャスト による 映像受信・ 表示に成功した。

日程:2022年2月2日(水)~11日(金)
拠点沖縄:宜野座村サーバーファーム
大阪:グランフロント大阪北館3F 『The Lab.』アクティブラボ
東京:秋葉原UDX20F独立行政法人情報処理推進機構産業サイバーセキュリティセンター
同社使用機材:8KIPゲートウェイIG-5114、8KクロスコンバータSC-8229、SC-8219、12G-SDIto HDMI2.1コンバータボックスSD-7076、8KレコーダHR-7518他

NICT総合テストベッドサイト
https://testbed.nict.go.jp/event/yukimatsuri2022-press.html

 

送信側 沖縄

沖縄では8Kスイッチャーからの映像を8KIPゲートウェイIG-5114に入力。SDI信号をSMPTEST 2110準拠のIPストリームに変換。ストリーム形式は8Kシングルストリームを採用することで、制御を簡易化することに成功。非圧縮8K映像のIP伝送には1映像素材あたり約48Gbpsの帯域が必要となるため、100Gbps回線を使い伝送された。

 

受信側 大阪

 

受信側 東京

沖縄からマルチキャスト伝送されてきた映像を大阪・東京で受信し、各拠点の8KTVに映した。実験時には一部区間で発生したリンクアグリゲーション(複数のポートを束ねること)によるパケットリオーダリング(IPパケットの順序入替)にも対応し、IPストリームの変化に柔軟に対応した。

 

 

アストロデザイン株式会社
http://www.astrodesign.co.jp