ベンキュー、830万ピクセル 4K UHD HDR 高輝度3000ルーメンホームエンターテインメントプロジェクター「TK800」を発表


ベンキュージャパン株式会社は、リビングルームをスタジアムに変えるホームエンターテインメントプロジェクターの新しい製品として、4K UHD HDR対応モデルの「TK800」を4月27日より発売する。価格はオープン(15万円前後)。

「TK800」は、今後開催されるさまざまなビックスポーツイベントへ向け、830万ピクセルによる本物の4K UHD解像度と3000ルーメンの高輝度、スポーツ観戦に最適な「フットボールモード」「スポーツモード」搭載で驚くほど鮮明な画質とダイナミックなサウンドを、明るいリビングルームでも身近に楽しむことができる環境を提供する。

◉主な特長
<830万画素のTK800で4K 3840 × 2160のUHD解像度を実現>
フレームごとに830万の異なるピクセルで4K UHD 3840 x 2160解像度を実現するTK800は、画期的な0.47インチシングルDMD DLPテクノロジーを採用し、最高級の画像精度と色精度を実現。Rec. 709色域と3, 000ルーメンの高輝度の組み合わせで、明るいリビングルームをスポーツ観戦スタジアムに変える。

<スポーツ観戦には不可欠な「フットボールモード」・「スポーツモード>」
初めて搭載された「フットボールモード」ではスピード感のある動きや選手のプレイ映像をします。「スポーツモード」は、現実的な木目の色調と鮮やかな赤を強調しながら、アナウンサーの明確な声を再現する音響品質と屋内スポーツならではの、床に擦れるスニーカーの音、レフリーホイッスル、スケート下の氷削りなどの迫力の音を肌で体感できる。

<高品質の色精度と視聴覚機能の拡張>
革新的で、新しい4Kカラーホイールは、驚異的なカラーパフォーマンスを実現しRec. 709の92%を達成。厳密な品質管理とナノメートルレベルの純粋なカラーコーティングで鮮やかな色を再現し120Hzのリフレッシュレートで画像のぼやけをなくし、眼精疲労のリスクを低減し長時間のスポーツの試合を最後まで心地よく観戦できる。また、BenQ CinemaMaster Audio+ 2オーディオエンハンスメントテクノロジーでは、ハリウッドのスタジオで使用されているような純粋な明瞭さと音質のための排他的なEQアルゴリズムを提供。共鳴音場に収められた強力な5ワットのオーディオは、低音の響きと高音の伸びがアップグレードされている。

<現代のライフスタイルに合わせた豊かな機能性と、無駄のないシンプルで美しいデザイン>
軽量設計と滑らかでコンパクトなデザインは、見た目が美しいだけでなく直感的な機能と環境に配慮。さまざまなリビングルームのインテリアにマッチし、家族や友人とのパーティーやスポーツ観戦を大いに盛り上げる。

<BenQ DLPプロジェクター – DLPプロジェクション技術による長持ちする画質>
Digital Light Processing(DLP)は、世界のデジタルシネマの90%とデジタルIMAX劇場の100%で使われている代表的な投影技術。DLPを採用したTK800はパネル部品を交換しなくとも画質劣化を最小限に抑え、長期間正確な色域と鮮明な画質の投写を続けることができる。

◉製品情報
http://www.benq.co.jp/product/projector/tk800

ベンキュー ジャパン株式会
http://www.BenQ.co.jp