bgmnow、動画からBGMを自動作成する作曲サービスを開発。動画制作者の時間短縮に貢献


画像や動画生成といった技術が、映像制作に携わるクリエイターからも注目を集めているAI。そのAIの技術を音声に活用したのがBGM自動作曲サービス「bgmnow」だ。動画の尺と盛り上がりに合わせて、5分で楽曲を自動生成することができる。

利用者は制作した動画をサイト内にアップロードし、動画が盛り上がるポイント、利用シーンと雰囲気を設定することでBGMが自動生成される。1度の利用で5曲のBGMが作成されるため、そのなかでもより動画のイメージに合っている楽曲を選択し、ロイヤリティーフリーで利用することができる。

▼詳しいサービスの利用方法はこちら

利用プランは2種類。30日間で3回利用できるFreeプランと、月額980円で、1日10回作曲リクエストができ、BGMダウンロード曲数やYouTubeで著作権侵害アラートが出ないように音楽の使用許可を付与するホワイトリストへの登録が無制限な有料プランがある。

サービスを提供しているのは「株式会社bgmnow」。2022年3月よりβ版を公開し、2022年7月より正式版をリリースした。正式版の公開前に実際に動画制作をしているクリエイターからヒアリングを重ね、対応するBGMの尺を短くしたり、クライアントに複数パターンの動画を提案することを想定して曲の説明が表示されるようにしたりと改良を加えたという。

代表の木ノ脇理沙さんは、もともと音楽活動と動画制作の経験があり、「BGM選びに悩む友人の話を聞いたことがサービスを始めるきっかけとなった」と語る。

従来のBGMのストックサービスを使う場合、膨大な曲のなかから動画のイメージにあったBGMを選ぶ必要性があるが、このサービスを利用すれば最短5分でBGMが生成され、曲を絞り込むことができる。また、自分選んだBGMがほかの動画でも使われていたということを避けることができるため、企業から依頼される動画を制作するクリエイターの利用が多く、重宝されているという。「今後はショート動画の流行をふまえ、より短尺の動画に対応できるようシステムを改善していきたい」とのこと。

サービスの利用によって、BGM選びに悩んでいるクリエイターの大幅な時間短縮を期待できるかもしれない。

 

◉株式会社bgmnow
https://bgmnow.net/