「OldTown White Coffee」のドキュメンタリーを Blackmagic Design URSA Mini Pro 4.6K で撮影


ブラックマジックデザインの発表によると、北京に拠点を置く Lingfang Culture & Media Co., Ltd. が、世界で最も人気のあるコーヒーチェーン店のひとつ、OldTown のドキュメンタリーを URSA Mini Pro 4.6K を使用して制作した。またカラーグレーディングには DaVinci Resolve Studio および DaVinci Resolve Micro Panel が使用された。

Lingfang Culture & Media Co., Ltd. の親会社 Lingfang Wonderland は、台湾人の作家・プロデューサー・美食家の王翎芳(Wang Ling Fang)氏と、監督・カメラマンである徐堯鵬(Hsu Yao Peng)氏が共同で設立した、良質なライフスタイルとカルチャーに焦点を当てたブランド。同社は旅のプランニング、レストラン経営、食に関する教育を軸とし、旅と食の楽しみの提示やトラベログを通じた知見の共有についてのエキスパートである。ドイツ観光局、オランダ政府観光局、ウィーン市観光局など世界中の観光庁や Joyvio などの企業から依頼で、同社はトラベログに関するドキュメンタリーの制作を行っている。これらは iqiyi.com などの動画サイトや中国国際航空の機内エンタテイメントサービスで紹介されている。

URSA Mini 4K で撮影された「Lingfang’s Wonderland in Vienna」からインスピレーションを受けた OldTown White Coffee は、Lingfang Wonderland にドキュメンタリーの制作を依頼した。その内容は、王氏が OldTown ブランド発祥の地・マレーシアのイポーを訪れて現地の料理やライフスタイルを紹介するというものだ。

ドキュメンタリーは全編 URSA Mini Pro 4.6K で撮影された。監督および撮影監督を務めた徐氏は、同カメラを採用した理由をこう語る。

「撮影期間は2日だけ。このような厳しいスケジュールでは朝から晩までの撮影となり、時間を無駄にできない。料理が配膳される瞬間、コーヒーが作られる様子、ゲストが料理を楽しむ様子はスナップショット方式で撮影したので、操作が簡単なカメラが必要だった。URSA Mini Pro 4.6K は指先にある触覚ボタンを押すだけでよく、特定の機能を見つけるためにビューファインダーから目を離す必要がなく、この撮影にもってこいだった。」(徐氏)

イポーでの撮影初日のスケジュールは、撮影の慌ただしさと、URSA Mini Pro4.6K の活躍ぶりを物語っている。撮影スタッフは現地の有名レストラン「Restoran Nam Heong」へ出向いたが、カメラと照明の設定のために立ち止まる暇がないほどレストランのスタッフは忙しかった。さらに、熟練のバリスタたちは香り高いホワイトコーヒーをあっという間に淹れてしまうため、撮影が非常に困難であった。

「とにかくスピーディに作業を進めることが鍵だった。URSA Mini Pro 4.6K の触覚ボタンを使用することで、ISO やアパーチャーの設定、フレームレートの 25fps から 60fps への変更、あるいは高フレームレートでの撮影に十分な光を得るためのシャッタースピードの変更などをスピーディに行うことができ、非常に助かった。素晴らしいショットが撮れたのは URSA Mini Pro 4.6K のおかげだ。」(徐氏)

「私が特に気に入っているのは、フレームレートを簡単に変更できる HFR ボタン。私はよく食べ物の撮影を行うが、料理を詳細に描写したり画に詩的な余韻を持たせたい場合に、カメラマンたちは好んでオーバークランクのテクニックを使用する。私はアンダークランクで撮ることも多い。例えばイポーのナイトマーケットでは、活気のある混雑したストリートや輝くネオンサインなどをキャプチャーするのにアンダークランクの手法を用いた。アンダークランクでフッテージを撮影し、ポスプロでフレームレートを上げることで、美しいモーションブラーの効果を得られ、視聴者に特別な雰囲気を届けることができる。」(徐氏)

東南アジアの太陽の下での撮影では、IR 補償に対応した内蔵 ND フィルターが非常に役立ったという。

「特に昼間の撮影ではアパーチャーを極限まで絞ってもイメージが簡単に露出過多になってしまうが、NDフィルターで光量を削減することで、サチュレーションを保つことができた。ダイヤルでフィルターを合わせる時に、Blackmagic URSA Viewfinder や内蔵の開閉式スクリーンで実際のイメージを確認できるのは便利だ。」(徐氏)

Lingfang Wonderland によるその他のドキュメンタリーと同様、「Lingfang’s Wonderland in Iphoh: OldTown White Coffee」はわずか2人のクルーで作成された。つまり小型で可搬性に優れ、高度に統合された URSA Mini Pro 4.6K は、まさにこの撮影にもってこいだった。

徐氏は最後こう結んだ。

「撮影現場にいるのは、スタッフ2人と王翎芳だけ。王翎芳は番組ホストとしてカメラの前に立たなければならないので、実際に撮影は私一人で行った。URSA Mini Pro 4.6K は優れた単一の統合システムであり、ワンマン・オペレーションやドキュメンタリー制作に最適だと思う。イポーでの撮影では、URSAMini Pro 4.6K に、EF レンズ、Blackmagic URSA Viewfinder、Blackmagic Shoulder Kit、SennheiserMKE600 マイク、Vロックバッテリー、そして照明を装着したが、片手で持つことがでた。この機動性が Blackmagic Design の魅力だ。」(徐氏)

「Lingfang’s Wonderland in Iphoh: OldTown White Coffee」のカラーグレーディングには、DaVinciResolve Studio および DaVinci Resolve Micro Panel が使用された。

同トラベログは中国国際航空の機内エンターテイメントサービスで視聴可能。

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp