ブラックマジックデザイン、Freaks 4U Gamingがeスポーツの放送にBlackmagic Designを採用したことを発表


ブラックマジックデザインは、国際的なゲームおよびeスポーツのエージェントであるFreaks 4U Gamingが、Blackmagic Design製品を活用した複数のスタジオおよびポータブル・プロダクション・ユニット(PPU)を展開していることを発表した。キャプチャー、コントロール、デリバリー用のソリューションにより、放送やライブ配信用のネイティブ4Kコンテンツ制作のサービスが可能となった。

Freaks 4U Gamingの設備は、従来的な放送であるかライブ配信であるかに関わらず、 ゲームのトーナメント、Twitch対戦、マガジンスタイルのeスポーツプログラムなど、eポーツコンテンツの多くのフォーマットをサポートしている。完全にカスタマイズされたスタジオ、キャスター用のブースおよびプレゼンター用のスペースだけでなく、Freaks 4U Gamingには、20以上のスタジオポッドがあり、インフルエンサーたちは独自のソーシャルメディアチャンネルをコンテンツを制作できる。

Freaks 4U Gamingは、Teltec Berlinのゲームの専門家たちと協力して、ベルリンのシュパンダウ区の本社に、2800平方メートルの多目的プロダクションスペースを構築した。そこでは、4K B4レンズを装着したURSA BroadcastおよびURSA Mini Pro G2カメラが数多く使用されている。

「eスポーツ、放送、そしてインフルエンサーの橋渡し役であるFreaks 4U Gamingは、魅力的でエキサイティングなコンテンツを制作することに定評があります」

Freaks 4U GamingのTV&メディア制作部のシニアVPであるマティーアス・リメルト(Matthias Remmert)氏は説明する。

「私たちはゲーム業界におけるニーズを把握しており、それらのニーズをショーに落とし込んでいます。ProSieben MAXXによる『Ran eSport』などの番組や、ヨーロッパにおける『Twitch Rivals』トーナメントなどです」

リメルト氏によると、このニーズに対する洞察こそが、同スタジオの非常に柔軟な制作インフラの原動力となったという。「ショーとコンテンツを同時に制作できるよう、スタジオのバックボーンとしてSMPTEファイバーネットワークを導入することを決めました。複数のロケーションやスペースが必要な場合でも、単一の制作ギャラリーから、様々なスタジオスペースのリモートコントロールが可能です」

3つの新しいギャラリーにはATEM Constellation 8Kプロダクションスイッチャーが装備され、パワフルな制作ハブとなっている。「eスポーツのプロダクションにおける大きな課題は、ゲームコンテンツの複数のレイヤーを管理すること、そしてゲーム内容とそれに対するコメンテーターのリアクションをマッチさせることです」

リメルト氏は続ける。

「ATEM Constellationスイッチャーは、多くの入力に対応しており、システムの後端での複雑な作業や、I/Oの追加の必要がなくなったことで、ワークフローが一層効率化しました。プロダクションごとに、入力ソースは大きく異なりますが、各入力にフォーマットコンバーターが搭載されているため、パッチパネルですべての入力ソースを扱う必要もありません」

外部でのライブイベントや、欧州におけるトーナメントの放送なども手がけていることから、Freaks 4U Gamingのチームは、特注のPPU移動型プロダクション・システムを採用している。これらのシステムには、撮影用のURSA Mini Pro G2、ATEM 2 M/E Production Studio 4Kプロダクションスイッチャー、そしてフォーマット変換用のTeranex AVなどが組み込まれている。

「Blackmagic Designは、クリエイティブ・エージェンシーである私たちにとって、なくてはならない存在です。すべてのプロダクションで完全な一貫性が保てているのは、Blackmagic Designのおかげですね。この一貫性のおかげで、必要に応じてリソースを再利用するという究極のフレキシビリティを実現できています。また、クライアントに対して同じ高品質の制作価値を提供できるという自信につながっています」

リメルト氏は最後こう結んだ。

 

◉ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp