ブラックマジックデザイン、アカデミー賞ノミネート作品 『On My Mind』でDaVinci Resolve Studioが使用されたことを発表


ブラックマジックデザインは、アカデミー賞にノミネートされた短編映画、『On My Mind(原題)』の編集、グレーディング、合成に、DaVinci Resolve Studioが使用されたことを発表した。

マーティン・ストレンジ=ハンセン(Martin Strange-Hansen)監督による、回想とフィクションを織り交ぜたこの甘く切ない物語は、アカデミー賞の短編実写映画賞にノミネートされた。同作はイアン・ハンセン(Ian Hansen)氏が撮影し、コペンハーゲンに拠点を置くポストプロダクション会社、Sound of Sunriseのトーマス・エンゲル(Thomas Engell)氏がポストプロダクションを担当した。

「私たちが行なった作業は、すべてストーリーテリングに関連しています」

エンゲル氏は語る。

「わずか18分の作品なので、ストーリーと登場人物の可能性を最大限に引き出すには、あらゆる手段を講じる必要がありました」

予算が限られており、さらに撮影現場では厳しいコロナのルールが適用されたため、キャストやスタッフを少人数に絞る必要があり、エンゲル氏のエディターとしての経験や、VFX、グレーディング、オーディオのスキルを総動員した効率的なワークフローが求められた。

「今回のプロジェクトでは、撮影から離れ、編集アシスタントもつけずに、まるで世捨て人のように仕事をしました。これは、DaVinci Resolveの多分野性やツール群がなければ不可能だったでしょう」

4K RAWで撮影したことにより、エンゲル氏はシャドウ部分のすべてのディテールを引き出して、より深みのある雰囲気を作成できた。

過去に一緒に仕事をしたことのあるハンセン監督とエンゲル氏は、クリエイティブで簡潔な表現を開発。これにより俳優たちは、劇場で演じるように、撮影現場で演じる役を自由に解釈することが可能となった。またエンゲル氏は、様々なテイクを使用して、俳優たちのパフォーマンスをさらに向上させた。

「デジタルクローンのテクニックを使って、ひとつのテイクを別のテイクに組み込み、ストーリーやパフォーマンスを向上させることもありました。ショットのタイミングを2フレームほどずらすのですが、そうすることで登場人物に対する印象を微妙に変えることができるんです。これらのテクニックは、新しいものではありませんが、ResolveのOpenFXなどのツールにより、いっそう簡単になっています」

とエンゲル氏。

同様に、エンゲル氏はグレーディングの工程でカラーとライトを使用して、特定のシーンの構図を引き立てた。「フレーム内の重要な要素に視聴者の目が向くようにしています。ストーリー上つじつまが合うのであれば、Fusionでマスクとフラグを適用したり、グレードで光を加減したり、動きに合わせて変化する顔にモザイクをかけたりしました」

Sound of Sunriseは、プロキシの必要を排除した4Kリアルタイム編集ワークフローを導入し、ACESでP3およびRec.709にグレーディングした。

エンゲル氏はまた、カラーページ内にある高度なツールを使用して、イメージのクリーンアップ、オブジェクトの除去など、些細な問題を修正した。さらに、Fusionの平面トラッカーを使用して画面の置き換えを行い、予備のフォーリー、サウンドデザイン、オーディオ編集に関してはFairlightを使用したという。

「私はとにかくスピーディに作業をしたいのですが、DaVinci Resolveでは、編集、グレーディング、合成のすべてのツールが絡み合っているので、非常にスピーディかつ直感的なストーリーテリングが可能ですね」

エンゲル氏は最後こう結んだ。

 

◉ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp