ボーンデジタル、弁護士と現役クリエイターが判例とリアルなトラブル体験から導く、『著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本』を刊行


株式会社ボーンデジタルは、弁護士と現役クリエイターが判例とリアルなトラブル体験から導く、『著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本』を全国書店、アマゾンなどで発売する。刊行予定日は9月下旬、アマゾンでの予約注文は始まっている。

ネットの普及により著作権が侵害されたり、逆に知らぬ間に侵害してしまったりというケースが増えている現在、プロ・アマを問わずクリエイターやコンテンツ制作に関わる全ての知っておかなければならない権利や法律について、「やっていいこととやってはいけないこと」「トラブルになってしまった時の対処方法」などを具体的に紹介していく。

法律や判例の解説ではなく、実務ベースでよくあるケースごとに「OK」なのか「NG」なのかをそれぞれの分野のプロフェッショナルである弁護士と現役クリエイターが実体験ベースで解説してくれる。クリエイター・コンテンツ制作者はもちろん、YouTuberやブロガーの方など個人発信の際の問題解決にも有効だ。

◉概要
書籍名:著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本
著者:大串肇、北村崇、染谷昌利、木村剛大、古賀海人、齋木弘樹、角田綾佳、小関匡
定価:2,592円
発行:株式会社ボーンデジタル

◉目次
第1章 クリエイターが権利について知っておくべき理由
第2章 写真・イラスト・デザイン
第3章 文章・コピー
第4章 プログラムコード・ライセンス
第5章 契約・権利の所在
第6章 トラブル発生時の対処
第7章 デジタルにおける著作権の考え