キヤノン、8K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズ 10×16 KAS S を発表


キヤノンは、1.25型センサー搭載の8K放送用カメラに対応するレンズの新製品として、放送用ポータブルズームレンズ『10×16 KAS S』を10月下旬に発売する。価格はオープン。

『10×16 KAS S』は、キヤノンの光学技術を結集して開発した8K放送用ポータブルズームレンズ。蛍石やUDレンズ、Hi-UDレンズ、大口径非球面レンズなどを採用し、色収差や球面収差といった諸収差を低減。

さらに、同社がこれまで培ってきた光学シミュレーション技術を駆使した最適なレンズ配置に加え、高精度な加工技術や組立技術による製造誤差の抑制により、ズーム全域において画面中心部から周辺部まで、8K映像に求められる高い解像力と高コントラストを実現している。

ズーム全域で開放F値2.8の明るさを維持するとともに、焦点距離16mmから160mmをカバーする高倍率10倍ズームを実現。スポーツやライブ中継などで使用頻度の高い焦点距離において、臨場感のある高精細な映像表現が可能。

従来の2/3型4K放送用ポータブルズームレンズで実績のある高分解能16bit絶対値エンコーダーを採用した高機能デジタルドライブユニットを搭載。これにより、高精度な位置検出を可能にし、実際の映像とバーチャル映像を合わせるキャリブレーション作業を容易に行うことができるなど、映像制作現場で培ってきた運用性を確保している。

 

◉製品情報
https://cweb.canon.jp/bctv/lineup/8k/8k-d/10×16/index.html

キヤノン株式会社
https://canon.jp/