キヤノン、EOS Rシステムの小型・軽量フルサイズミラーレスカメラ『EOS RP』を3月中旬に発売


キヤノンは「RFマウント」を採用するカメラとして、小型・軽量でありながら、高画質な写真や映像の撮影が可能な35mmフルサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ『EOS RP』を3月中旬に発売する。価格はオープン。キヤノンオンラインショップ価格では、ボディのみが160,500円、ボディー と RF35mmのレンズキットが219,500円(すべて税別)となっている。

また、限定キットも4種類ラインナップ。手持ちのEFレンズを活用できるコントロールリング付きのマウントアダプター「EF-EOS R」を同梱する限定キット『マウントアダプターキット』(180,500円)と『RF35 MACRO IS STM マウントアダプターキット』(239,500円)が合計7,000台。

そしてボディ色が金色の『EOS RP ゴールド』のキットモデル2種類も合計5,000台で限定発売(ボディ&マウントアダプターキット『マウントアダプターSPキット』189,500円、ボディ&RF35mm&マウントアダプターキット『RF35 MACRO IS STM マウントアダプターSPキット』248,500円)。すべて税抜のキヤノンオンラインショップ価格。

 

主な特徴

小型・軽量フルサイズ

フルサイズの大型センサーを搭載し、妥協のないAF性能や優れた操作性を保持しながら、約485gの軽量ボディーを実現。

高画質

センサーは有効画素数2620万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。高画素と高感度・低ノイズ化を追求。またフルサイズは大型センサーのため、レンズのボケ味を最大限に発揮。ハイライトからシャドーまでの幅広いダイナミックレンジや、滑らかなグラデーションも実現する。

 

4Kムービー

4K動画のフレームレートは23.98p/25.00pまでで、センサーの中央部をクロップして記録する方式。フルHDでは59.94p/50.00p、29.97p/25.00pを選択できる。4K時のAFはコントラストAFのみ。軽量ボディーと手ブレ補正の相乗効果で、手持ちでの気軽な4K動画撮影を実現。さらに、星空や雲の動きなど、ゆっくりとした動きを早回しで再生できる「タイムラプス動画」も4Kで撮影可能。

 

◉製品情報
https://cweb.canon.jp/eos/lineup/rp/

キヤノン株式会社
https://canon.jp/