太陽企画、映画WEBマガジン「CINEMORE」の無料オンライントークイベント第二弾を8/31に開催


太陽企画株式会社は、同社が運営する映画WEBマガジン「CINEMORE(シネモア)」のオンライントークイベント第二弾として『メディアを超える映画監督』を、8月31日に開催する。イベントはYouTube LIVEにて無料だが、事前登録が必要(8月30日正午締切)。

同イベントは、これまで映画の作り方について特集してきた「CINEMOREACADEMY」がオンラインイベント化。

第二弾となる今回のゲストは、映画・ドラマ・CM・舞台と、表現の場を横断して活躍する映画監督の大根仁氏と吉田大八氏が出演。イベントMCを務めるのは、同メディアで数多くの映画監督インタビューを重ねてきた、CINEMORE編集長・香田史生氏。

 

イベント概要

■ 日時:2021年8月31日(火)19:30開始〜20:30終了予定

■ 配信方法:YouTube LIVEでの配信予定

■ 視聴方法:無料。視聴アドレスはCINEMOREのメールマガジン配信システムから送付。

■ MC:香田史生(CINEMORE編集長)

■ ゲスト: 大根仁/ 吉田大八

■ 登録ページhttps://cinemore.jp/jp/news-feature/1846/article_p1.html ※締切:8月30日(月)正午

■ 番組製作:太陽企画株式会社

 

GUEST

映画監督:大根仁
1968年生まれ東京都出身。映画監督・映像ディレクター。テレビドラマ『モテキ』『まほろ駅前番
外地』『共演NG』などの話題作を数多く手掛ける。2011年劇場版『モテキ』で映画監督デビュー。
その他の作品に『バクマン。』『SCOOP』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせる
ガール』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』など多数。2019年に外部演出家として初めてNHK大河ドラ
マ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に参加。『モテキ』で第35回日本アカデミー賞話題賞作品
部門、『バクマン。』で第39回日本アカデミー賞優秀監督賞、第25回日本映画批評家大賞監督賞な
ど多くの映画賞を受賞。現在は長編アニメを制作中。

 

映画監督:吉田大八
1963年生まれ。大学卒業後、現在に至るまでCMディレクターとして活動。2007年「腑抜けども、
悲しみの愛を見せろ」で長編映画デビュー。第60回カンヌ国際映画祭の批評家週間部門に招待され
た。「桐島、部活やめるってよ」(12)で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞受
賞。最新作は「騙し絵の牙」(21)。舞台では「ぬるい毒」(13)脚本・演出、「クヒオ大佐の
妻」(17)作・演出。ドラマ監督作品に「離婚なふたり」(テレビ朝日19)がある。直近では
Amazon Musicの短編プロジェクト「Music4Cinema」のうち「No Return」(21)を監督した。

 

CINEMORE編集長:香田史生
CINEMOREの編集部員兼ライター。映画のめざめは『グーニーズ』と『インディ・ジョーンズ 魔宮
の伝説』。最近のお気に入りは、黒澤明や小津安二郎など4Kデジタルリマスターのクラシック作品。

 

◉CINEMOR 
https://cinemore.jp/

太陽企画株式会社 
http://www.taiyokikaku.com/