【CP+2024】新進写真家発掘のためのフォトコンテスト「ZOOMS JAPAN 2024」ショートリスト8名が決定


カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+」は、昨年8月よりプロの写真家を目指す方を対象に開催していた「ZOOMS JAPAN 2024」において、応募総数212作品の中から、ショートリスト8名を決定したことを発表した。

なお、グランプリ・準グランプリは2月19日(月)に発表される。グランプリ・準グランプリ受賞作品はCP+2024の会場で展示され、同年10月にパリで開催される写真映像機器ショー「Salon de la Photo」の会場でも展示される。さらに、受賞者は同イベント期間中に現地パリに招待され、フランス写真界関係者と交流することができる。

CP+は、フランスのフォトコンテスト「Les Zooms (主催 Salon de la Photo)」 に賛同し、日本の写真家の世界進出を応援するため、2015年からZOOMS JAPANを開催している。

以下、プロジェクトディレクター速水惟広氏コメント。

「今年、ZOOMS JAPANでは日本人3名そして海外審査員3名、トータル6名による審査を行いました。

キュレーター、ギャラリスト、編集者など「写真」というメディアを扱いながらも異なる分野で活躍するプロによる審査。自身の作品が国外からの視点も含めて、どのように見られるのか。そこへの期待を表すかのように、応募された作品のジャンル、さらには応募者の年齢、性別、あるいは国籍も多様性に富むものでした。200を超える作品の中から審査によって30名まで絞られ、さらにそこから選ばれたのが今回発表するショートリストの8名です。

異なる視点を持つ国際色豊かな審査員同士の議論はとても豊かな時間でした。おめでとうございます」

 

ZOOMS JAPAN 2024 開催概要

ショートリスト選出作品(応募者名 / 作品のテーマ)
彩乃 / 家族でファミレスに行ったことない人としか結婚したくない。
遠藤 励 / 僕はその血が美しいと思った。
駒瀬 由宗 / NEW NATURE
柴田 早理 / Anthropocene Plastics
田所 拓馬 / 写継ぎ
豊吉 雅昭 / ある緑内障罹患者の見え方
畑 直幸 / Perigee and Apogee
山西 もも / 光の王国

結果(グランプリ1名、準グランプリ1名)発表
2024年2月19日(月) CP+2024プレスリリースおよびオフィシャルウェブサイトにて

■審査員
網野奈央(編集者/torch press 代表/雑誌「IMA」編集部)
打林俊( 写真史家/写真評論家)
河西香奈(KANA KAWANISHI GALLERY /PHOTOGRAPHY ディレクター)
マーク・プルースト(キュレーター)
エミール・パシャ・バレンシア(雑誌「TEMPURA」編集長)
マルティナ・バチガルポ(写真家/雑誌「6 MOIS」編集部)

■主催:CP+実行委員会
■協力:Salon de la PHOTO
■後援:文化庁

 

ショートリスト一覧 

氏名:彩乃
 テーマ:家族でファミレスに行ったことない人としか結婚したくない。


 

氏名:遠藤 励
テーマ:僕はその血が美しいと思った。

 

氏名:駒瀬 由宗
テーマ:NEW NATURE


 

氏名:柴田 早理
テーマ:Anthropocene Plastics


 

氏名:田所 拓馬
テーマ:写継ぎ


 

氏名:豊吉 雅昭
テーマ:ある緑内障罹患者の見え方


 

氏名:畑 直幸
テーマ:Perigee and Apogee


 

 

氏名:山西 もも
テーマ:光の王国


 

 

◉ZOOMS JAPAN 2024 URL
https://cpplus.jp/zoomsjapan/

CP+2024 オフィシャルウェブサイト
https://www.cpplus.jp/

vsw