ソニーPCL、「Crystal LEDディスプレイシステム」を導入した8K大型ディスプレイシステムのレンタルサービス(世界初)を発表


ソニーPCLは、ソニーが開発した「Crystal LEDディスプレイシステム」を導入し、8Kに体操した440インチ構成による大型ディスプレイシステムのレンタルサービス(世界初)を2018年4月1日より開始する。

今回導入したソニーの「Crystal LEDディスプレイシステム」は、微細なLED素子を配列した画素を、画素ごとに駆動させる自発光のディスプレイ方式を用いており、高コントラスト、広色域の豊かな映像を実現。高速動画応答性能にも優れており最大120fpsでの映像表示が可能となっている。また、ディスプレイユニットとディスプレイコントローラーの組み合わせにより、設置スペースや演出意図に応じた任意のサイズを構成できる。

なお、ラスベガスで開催されるNAB2018(4月9日~12日)のソニーブース(セントラルホール/C11001)にて440インチ構成(7,680×4,320pixel)による「Crystal LEDディスプレイシステム」が展示予定。

ソニーPCL株式会社
http://www.sonypcl.jp/