DJI、日本特別モデルのわずか199g 折りたたみ式ドローン『Mavic Mini』を発表


DJIは、日本特別モデルとして開発した199gのコンパクトな折りたたみ式ドローン『Mavic Mini』を発表。10月31日(木)より予約受付を開始し、発売は11月中旬を予定。価格はスタンダード版は46,200円、360°プロペラガードや予備バッテリーなどがセットになった「フライモアコンボ」は59,400円(ともに税込)。

 

 

『Mavic Mini』の日本特別モデルは199gで、日本国内においては重量200g未満の機体は模型航空機に分類されるため改正航空法の対象外となるが、DJIは操縦者は法律や規制を常に理解し、それらを遵守する必要があるとしている。

 

海外では250g以上の機体が航空法の規制対象となるが、日本ではバッテリー容量を減らすことで199gを実現した。最大飛行時間は18分で、カメラは3軸ジンバルを備え、1/2.3インチCMOSセンサーを採用。最大2.7K/30p動画や1080/60pの動画(ビットレートは40Mbps)、12MPの写真など高品質の映像を撮影することができる。専用の送信機は、最大2 kmまでのHD動画伝送に対応する。

サイズは、折りたたんだ状態が140×82×57 mm  、展開時が160×202×55mm 、展開時(プロペラあり)が245×290×55 mm (L×W×H)。

▲折りたたんだ状態

 

▲展開時(プロペラあり)

 

『Mavic Mini』は空撮初心者でも使用できる設計となっており、専用送信機で簡単に操作し、飛行させることができる。Wi-Fi伝送信号が安定した制御とHDライブ配信を実現し、クリアな視界と安全な飛行を提供する。GPSレシーバーと下方ビジョンセンサーによって屋内外での正確なホバリングや安定した飛行、正確な着陸を可能にする。

新たに設計されたDJI Flyアプリでは、飛行と撮影がよりシンプルになった。操縦レベルに関わらず、誰でもMavic Miniを最大限に活用でき、アプリ内の専用チュートリアルを使用すると、初心者パイロットは飛行について学ぶことができる。

また、安全面でもDJIの高い安全技術が組み込まれており、高度制限、機体が送信機との接続を失った場合や、バッテリー残量がわずかになった場合の離陸点への自動帰還機能(RTH)、飛行禁止区域を回避するためのジオフェンスなどがある。

 

 

▲360°プロペラガードや予備バッテリーなどがセットになったフライモアコンボ

 

◉製品情報
https://www.dji.com/jp/mavic-mini?from=store-product-page

DJI JAPAN株式会社
https://www.dji.com/jp