ソニー、収音モードを8つ備えたマルチ小型ショットガンマイク「ECM-M1」を発表


ソニーは、ステレオを含む8つの収音モードと高音質な音声収録ができるショットガンマイクロホン『ECM-M1』を発表した。7月18日より受注を開始し、7月28日より発売を予定している。希望小売価格は45,100円(税込)。

同製品は、4つのマイクカプセルを搭載し、独自のビームフォーミング技術により、ショットガンマイクでありながらステレオを含む8つの収音モードを選択可能。収音モードの切り替えは新たに搭載したロック機構付きモードダイヤルで、直感的かつ確実な操作を実現。

ダイヤル中央にはロックボタンがあり、誤操作を防止する。

さらに、不要な雑音を除去するノイズカットフィルターや、振動や風切り音などを低減するローカットフィルターも搭載。

4チャンネル記録に対応しており(対応カメラのみ)、3/4チャンネルに全指向性モードでのセーフティ記録が可能。1チャンネルおよび2チャンネルに選択した指向性で収音しながら、同時に予備として3チャンネルに全指向性(固定)、4チャンネルに全指向性(-20db固定)で収音することができる。

MIシューに対応しており、バッテリーレス、ケーブルレスで運用可能なためバッテリー切れを気にせず撮影に集中できる。さらに、MIシューでのデジタルデータ伝送に対応しており、高音質録音を実現。外形寸法が40.0mm×72.2mm×64.4mm、質量が約65gと小型かつ軽量で機動性も高い。

 

8つの収音モードと使用シーン

鋭指向性:周囲の音を抑え、正面の音を収音(被写体が正面で話す動画の撮影、配信など)

単一指向性:正面の音を広く収集(打ち合わせや座談会)

全指向性:全方向から均音に収音(環境音を含めた収録など)

後方鋭指向性:周囲の音を抑え、背面の音を収音(風景動画を撮影しつつ、後方で話すVlog撮影)

鋭指向性(前+後):前後から均等に収音(インタビューの撮影など)

鋭指向性(前/後)セパレート:前後から収音し、前方(1ch)、後方(2ch)に振り分ける(インタビューの撮影など)

ステレオ:左(1ch)と右(2ch)の方向性を強調した収音(レーシングカーや電車のように動きのある被写体や演奏の撮影など)

超鋭指向性:周囲の音を解析しながらより効果的に抑え、正面の音を収音(インタビューや自撮りなど被写体が画面中央にあるシーン)

①~③の収音モードは従来のマイクでも可能であったが、④~⑧の5つの収音モードは今回新たに搭載。様々な使用場面に柔軟に対応することができる。

 

主な仕様

製品基本情報 最大外形寸法(約) 幅 40.0 mm x 高さ 72.2 mm x 奥行き 64.4 mm
(ウインドスクリーン、突起部を除く)
質量(約) 65g(本体のみ)
使用温度 0 ℃ – +40 ℃
マイク チャンネル音声出力 アナログ 2ch / デジタル 4ch
シュー形状 マルチインターフェースシュー
本体電源供給方法 マルチインターフェースシュー
形式 バックエレクトレットコンデンサー型
使用電池種類
使用電池本数
モノラル / ステレオ モノラル / ステレオ
収音モード 鋭指向性/単一指向性/全指向性/後方鋭指向性/鋭指向性(前+後)/鋭指向性(前/後)セパレート/STEREO/超鋭指向性
周波数特性 40 Hz – 20 000 Hz

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/ichigan/products/ECM-M1/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/

vsw