キヤノン、EOS R8を発表 小型・軽量フルサイズミラーレスカメラ


キヤノンは、フルサイズミラーレスカメラ『EOS R8』と、標準ズームレンズ『RF24-50mm F4.5-6.3 IS STM”』の発売を発表。2023年4月下旬より発売を予定しており、価格はオープン。

キヤノンオンラインショップ販売価格は以下の通り(いずれも税込)。
• ボディ:264,000 円
• RF24-50 IS STM レンズキット:293,700 円
• RF24-50 IS STM:50,3800 円

 

EOS R8、Rシリーズのフルサイズミラーレス最軽量

EOS R8の有効画素数は最大約2420万画素。上位機種のEOS R6 Mark IIの高い基本性能を継承しながら、大きさは約132.5mm(幅)×86.1mm(高さ)×70.0mm(奥行き)と小型・軽量を実現。質量はEOS Rシリーズのフルサイズミラーレスカメラで最軽量となる約461g。フルサイズミラーレスカメラを初めて使用するユーザーにも適したモデルとなっている。

 

以下、主な動画性能

・クロップなしの6K オーバーサンプリングによる4K/60P 動画撮影。
・クロップなしのフルHD/180P ハイフレームレート動画撮影に対応。再生時1/6 倍速のスロー効果を実現。
・30 分以上の連続撮影が可能。最長2 時間まで記録可能。
※フルHD(179.82fps/150.00fps)時は最大20 分、フルHD(119.88fps/100.00fps)時は最大30 分。
・キヤノン独自のガンマ特性「Canon Log 3」に対応。従来の「Canon Log」よりもハイライトの階調が飛びにくく、コントラストの高いシーンでも豊かな階調表現が可能。
・「デュアルピクセル CMOS AF II」により、静止画同様のAF エリア設定、被写体検出性能、トラッキング性能を実現。また動画撮影時、常用ISO25600 により、暗いシーンでもノイズを抑えた高画質な映像が撮影可能。
・「EOS iTR AF X」による被写体検出機能を生かし、動き回る被写体でも広い範囲で追尾。
・UVC(USB Video Class)/UAC(USB Audio Class)に対応し、ウェブカメラとして使用可能。
・フォーカシングによる画角の変化を光学設計値に基づいてカメラが補正するフォーカスブリージング補正に対応。
・動画撮影ボタンを押す5秒前または3秒前から動画を記録できる「プレ記録」機能搭載。

 

小型・軽量の標準ズームレンズ『RF24-50mm F4.5-6.3 IS STM』

『RF24-50mm F4.5-6.3 IS STM』は、全長約58mm、質量約210g の小型・軽量モデル。また、レンズ内光学式手ブレ補正機構により4.5 段、ボディー内手ブレ補正機構を搭載したカメラとの協調制御により7.0 段の手ブレ補正効果を発揮。さらにリードスクリュータイプのステッピングモーター(STM)の搭載し、なめらかな動画AFなど快適な撮影を実現する。

 

◉製品情報
『EOS R8』
https://cweb.canon.jp/eos/lineup/r8/

『RF24-50mm F4.5-6.3 IS STM』
https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/rf24-50-f45-63/

キヤノン株式会社
https://canon.jp/

vsw