富士フイルム、「NAB Show 2018」で開発中の4Kズームレンズを参考展示【C7225】


富士フイルム株式会社は、2018年4月9日(月)~12日(木)に米国ラスベガスで開催される「NAB Show 2018」への出展を発表した。4K放送用レンズやシネマ用レンズに加え、新開発中の世界最高46倍ズームを備えた4K対応の放送用ポータブルズームレンズ2機種「FUJINON UA46x9.5」と「FUJINON UA46x13.5」参考出展する。

◉出展概要

1.放送用レンズ
2/3インチセンサー搭載の4Kカメラに対応した放送用レンズ「UAシリーズ」

世界最小(全長約220.5mm)・最軽量(質量約1.98kg)のコンパクトボディながら、広角7.8mmから望遠187mmまでの幅広い焦点距離をカバーするポータブルズームレンズ「FUJINON UA24x7.8」や、世界最高107倍ズームを備え、スポーツやコンサート中継をはじめとするさまざまな撮影シーンに最適なズームレンズ「FUJINON UA107x8.4」などを展示。

製品紹介ページ:http://fujifilm.jp/business/broadcastcinema/lens/index.html

【開発発表】世界最高46倍ズームを備えた4K対応の放送用ポータブルズームレンズ

新開発中の世界最高46倍ズームを備えた4K対応の放送用ポータブルズームレンズ2機種「FUJINON UA46x9.5」と「FUJINON UA46x13.5」を参考展示。標準ズームレンズ「FUJINON UA46x9.5」は広角9.5mmから望遠437mmまで、望遠ズームレンズ「FUJINON UA46x13.5」は広角13.5mmから望遠621mmまでカバーする焦点距離を備えている。

2.シネマレンズ

2017年エミー賞を受賞し、世界中の映画、CM、テレビドラマなどさまざまな製作現場で高い評価を得ているシネマレンズを出展。4Kを超える光学性能を備えたフラッグシップモデル「HKシリーズ」をはじめ、高い光学性能と着脱可能なドライブユニットによる運用が好評の「ZKシリーズ」と「XKシリーズ」、高い光学性能と1kgを切る圧倒的な小型軽量化、優れたコストパフォーマンスを実現した「MKシリーズ」など。

製品紹介ページ:http://fujifilm.jp/business/broadcastcinema/lens/cinelens/index.html

3.ミラーレスデジタルカメラと豊富なフジノン交換レンズラインナップ

デジタルカメラ「Xシリーズ」で初めてボディ内手ブレ補正機能を搭載したフラッグシップモデル「FUJIFILM X-H1」や、大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」を出展。「FUJIFILM X-H1」は、多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に映画用フィルムの色・階調を再現した「ETERNA」モードを搭載し、静止画撮影のみならず動画撮影にも最適。また、「Xシリーズ」用交換レンズとして初めてのシネマレンズである「MKXレンズ」も出展する。

製品紹介ページ:http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/index.html

◉出展場所
NAB Show 2018 4月9日(月)~4月12日(木)
ラスベガスコンベンションセンター(米国ネバダ州) セントラルホール・C7225