フジヤカメラ、ソニーのシネマカメラ「BURANO 」とマスターモニター「BVM-HX3110」のタッチ&トライ展示イベントを1/19〜21に開催



フジヤカメラは、ソニーのシネマカメラ「BURANO」と31型業務用4K液晶モニター「BVM-HX3110」のタッチ&トライ展示イベントを1月19日(金)〜21日(日)に開催する。「BURANO」の店舗での展示はフジヤカメラ 動画館が初となる。

 

 

イベント概要

開催日時:2024年1月19日(金)11:00 ~21日(日)19:00

会場:フジヤカメラ店 動画館

内容
・製品タッチアンドトライ
・ソニー製品担当者による質疑応答/購入相談 ※1/19(金)のみ

対象商品
ソニー BURANO  [MPC-2610] シネマカメラ
ソニー    BVM-HX3110 [31型4K液晶マスターモニター]

 

BURANO (2024年2月9日発売予定)

『BURANO』は、「VENICE 2」と「FX9」の間のモデルとして位置づけられたデジタルシネマカメラ。8.6Kの35mmフルフレームイメージセンサーを搭載し、「VENICE」で培った高品位な映像表現と、小型・軽量化による高い機動力を兼ね備えている。また、PLマウントカメラとして世界初となるボディ内蔵光学式手ブレ補正機構と、電子式可変NDフィルターを小型筐体に内蔵。

フルフレームセンサーならではの高画質や美しいぼけ、ダイナミックな広角撮影、16ストップのワイドラチチュードと広色域による優れた映像表現を実現。最大解像度 8632×4856 の8K画質記録に加え、8Kセンサーを生かしてオーバーサンプリングによる高品位な4K映像を記録することもできる。

また、シネマのような映像表現を実現しながら、小型・軽量なボディや直感的な操作性、高い機動力により、少人数での効率的な撮影が可能。電子式可変NDフィルターとボディ内蔵光学式手ブレ補正機構を小型筐体に同時に搭載。

PLレンズマウント部を取り外すことでEマウントカメラとして使用でき、手ブレ補正機能に加えファストハイブリッドAFや被写体認識AFにも対応。そのほか、新たにCFexpress Type Bメモリーカード対応スロット2基も搭載する。

◉製品情報
https://www.sony.jp/ls-camera/products/BURANO/

 

 

BVM-HX3110 [31型4K液晶マスターモニター]

『BVM-HX3110』は、31型 4KHDR対応のマスターモニター。BVMシリーズのモニターの特長である正確な深い黒色や色再現、画質の一貫性、緻密な画面描写などを継承しながら、従来の四倍以上の高輝度部分まで色表現、階調表現を実現。

新たに高速動画応答のオプションライセンスを導入することで、高輝度を維持しながら動画のブレを低減することが可能。また、より広い視野角に対応すると共に、パネル表面の反射を大幅に抑制する。

◉製品情報
https://www.sony.jp/pro-monitor/products/BVM-HX3110/

 

 

フジヤカメラ
https://www.fujiya-camera.co.jp/shop/default.aspx

vsw