RED Digital Cinema、RED EPIC-Wカメラ用の新センサー「GEMINI5K S35」を発表


RED Digital Cinemaは、RED Digital Cinemaの低照度性能に優れたRED EPIC-Wカメラ用の新センサー「GEMINI 5K S35」を発表した。オンラインショップにて価格は24,500ドル(260万円前後)から。WEAPONとRED EPIC-W 8Kユーザーには、GEMINIセンサーにアップグレードできるオプションが用意されている。

センサーのサイズは、30.72mm×18mm。ダイナミックレンジは16.5ストップ以上でノイズの少ない、シャドーディテールの優れた画像を実現。デュアル感度モードを搭載し、標準モードでの明るい照明や暗い環境での低輝度モードでの撮影でも、ダイナミックレンジが非常に広く、映画品質の映像が可能だ。また、EPIC-Wは、DSMC2のカメラと同様に、REDCODE RAW、Apple ProRes、Avid DNxHD / HRの同時レコーディングを実現する。

◉製品情報
・Dual ISO modeによる超高感度を実現
・センサーサイズ:30.72mm×18mm(対角35.61mm)
・16.5ストップ以上のダイナミックレンジを実現
・転送速度最高 275mb/sec
・5K ff at 96 fps
・IPP2実装

◉RED Digital Cinema国内販売代理店

株式会社RAID
http://www.raid-japan.com/

西華デジタルイメージ株式会社
https://www.seika-di.com/media/2018/03/27/47