銀一、thinkTANKphotoのカメラバッグ3種類を発売


▲『エッセンシャルズ コンバーチブル ローリング バックパック』(写真左)と『バックストーリー 』(写真右)

銀一は、thinkTANKphoto(シンクタンクフォト )のローリングケースとしてもバックパックとしても使用できる『エッセンシャルズ コンバーチブル ローリング バックパック』とバックパック『バックストーリー 13』『バックストーリー 15』を9月26日より発売する。価格は、『エッセンシャルズ コンバーチブル ローリング バックパック』が34,000 円、『バックストーリー 13』が23,500 円、『バックストーリー 15』が26,000 円(すべて税別)。

 

 

Essentials Convertible Rolling Backpack


ローリングケースとしてもバックパックとしても使用できる、汎用性が高いカメラバッグ。空港内をスムーズに移動し、到着先が不整地でも背負って移動することがでる。本体外側とフラップ内側にはそれぞれポケットがあり、ケーブルやバッテリーなどアクセサリー類の収納ができ、またサイドポケットには三脚やボトルの収納も可能。70-200mm F2.8 を装着した中型一眼レフまたはミラーレスカメラ2 台、レンズ4-6 本、16 インチノートPC を収納できる。

▲ハンドル(左)、収納イメージ(右)

仕様
JAN コード : 0874530005114
カラー : ブラック
外寸 : H48.3 × W32 × D21cm
内寸 : H42 × W31 × D11-15cm
PC 収納部内寸 : H36.5 × W25.5 × D2.5cm
重量 : 3.3kg(全オプション装着時)
同梱物 : レインカバー、三脚ストラップ

◉製品情報
https://www.ginichi.com/shop/products/detail.php?product_id=149229

 

 

Back Story Backpack

バックストーリーは、シンプルな形状の機能的なバックパック。バックパネルは大きく全体が開くためメインコンパートメントを確認でき、バッグ上部からもスピーディーに内部にアクセスできる。取り外し可能なウエストベルトを装着すれば、容量いっぱいに収納しても快適に持ち運ぶことができる。また、バックパネル裏側とトップフラップ内側にはそれぞれメッシュポケットがあり、フィルターやバッテリーなどアクセサリー類を収納可能。前面ポケットにはノートPC やタブレット収納部のほか、オーガナイザーポケット、メッシュポケットを備えている。バッグ背面にはパススルーが付属。

▲「バックストーリー 13」収納イメージ(左)、「バックストーリー 15」収納イメージ(右)

仕様

バックストーリー 13
JAN コード : 0874530004483
カラー : グラファイト
外寸 : H43 × W26 × D18cm
内寸 : H36 × W25 × D15cm
PC 収納部内寸 : H34 × W23 × D2.5cm
重量 : 1.3kg(全オプション装着時)
同梱物 : レインカバー、三脚ストラップ、ウエストベルト
収納目安:70-200mm F2.8 を装着した中型一眼レフまたはミラーレスボディ2 台、レンズ1-3 本、ストロボなどのアクセサリー、13 インチノートPC

バックストーリー 15
JAN コード : 0874530004490
カラー : グラファイト
外寸 : H50 × W28 × D19cm
内寸 : H43 × W27 × D15cm
PC 収納部内寸 : H40 × W26 × D2.5cm
重量 : 1.6kg(全オプション装着時)
同梱物 : レインカバー、三脚ストラップ、ウエストベルト
収納目安:70-200mm F2.8 を装着した中型一眼レフまたはミラーレスボディ2 台、レンズ2-5 本、ストロボなどのアクセサリー、16 インチノートPC

◉製品情報
https://www.ginichi.com/shop/products/detail.php?product_id=149230

 

銀一株式会社
https://www.ginichi.co.jp/