グラスバレー、8Kノンリニアビデオ編集ターンキー「HDWS 8K」新シリーズを発表


 

グラスバレー株式会社は、8K素材のリアルタイムネイティブ編集を可能とするノンリニアビデオ編集ターンキーシステム「HDWS 8K」の新シリーズを発表。今回発表となる新シリーズは、『HDWS 8K Express』とその上位機種として『HDWS 8K Elite』の二機種がラインナップ。『HDWS 8K Express』が販売開始となり、価格はオープン。

『HDWS 8K Express』は、8K対応EDIUSターンキーシステムの最新シリーズです。快適な4K映像編集で定評のあるHDWSシリーズのハードウェアに8K編集・8Kファイルエクスポート機能を持つEDIUS Workgroup 9 の特別ライセンスを搭載したターンキーシステム。ビデオアウトコンバージョン機能により8K編集映像を4Kモニターでプレビューすることが可能となっており、8K映像編集環境の構築時に初期コストを抑えながら導入することができる。業務用ノンリニア編集ソフトウェア「EDIUS Workgroup 9」との組み合わせにより、快適な8K編集環境を実現。

 

8K編集を可能にする最高水準のワークステーション

最新世代の デュアル構成 Xeonプロセッサ、大容量メモリを搭載した、最高水準のワークステーション。
OSはWindows 10を採用。またThunderbolt-3を搭載し外部デバイスとのファイル交換もより高速になった。

業務用ノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Workgroup 9」

マルチコア・コンピューティング用プロセッサであるXeon プロセッサに最適化され、比類なきデコード / エンコード性能を実現。XDCAM や P2、デジタル一眼や AVCHD などの HD フォーマットに加えて、Grass Valley HQX やXAVC / XAVC S、AVC-Ultra などの最新の 4K フォーマットにおいても、リアルタイムにネイティブ編集することができる。また、Log素材を最大限に活かしたHDR編集もサポートしている。

数多くのカラースペースに対応し、自由自在にカラーグレーディングを行えるプライマリカラーコレクションに加え、プロジェクト単位のカラースペース設定によるSDR/HDRの混在編集を実現。放送局やWeb用のHDRメタ付加ファイルのエクスポートも可能となり、HDR納品に最適化されたワークフローを構築できる。Panasonic P2 8Kデコード機能が追加され、P2 8K素材のインポートが可能となった。

 

特徴

  • ワークステーションスペック
    . デュアル構成Xeon プロセッサ(36コア/ 72スレッド)、96GB RAM
    . 大容量ストレージ:6TB (1TB SSDx 8 / RAID-50)
    . 64-bit Windows 10Enterprise オペレーティングシステム
    . Thunderbolt 3.0
    . マルチメディアスロット:SxS / SD card(SDXC対応)/ SD card(UHS-Ⅱ対応) / CF card / 2.5”SSD
    . USB 3.0, USB 3.1
    . メンテナンス性に優れたオリジナル筐体
  • 編集機能
    . EDIUS Workgroup9の8K対応特別バージョンを搭載
    . 8K素材をそのまま取り込み、リアルタイムネイティブ編集が可能
    . 8Kファイルエクスポート(Grass Valley HQX(AVI, MOV, MXF), H.265/HEVC MP4)可能
    . 最新4Kコーデックのサポート:XAVC (Intra/Long GOP)、XAVC S、AVC-Ultra、XF-AVC、1D C Motion JPEG.
    . 24×24 から8KUHDまでの解像度に対応、異なるフレームレートの素材も同一タイムラインでリアルタイム混在編集が可能
    . 多くのフォーマットにネイティブ対応:XDCAM、P2、GF、XF、CMF(K2 files)、AVCHD、MXFなど
  • その他
    . 4Kプレビューボード(QFHD /DCI 4K対応)により、8K映像を4Kコンバートしプレビュー可能
    ※ 8K ベースバンドプレビュー出力機能は搭載していない

 

◉製品情報
https://www.grassvalley.jp/pdt-item/hdws-8k-express/

グラスバレー株式会社
https://www.grassvalley.jp/