エーディテクノ、映像・音声・USB・シリアル・リモコン・電源を一本のLANケーブルで伝送できる4K18Gbps対応HDMIエクステンダー「HD10-UTR」を発売


株式会社エーディテクノは、現行発売中のmabco製品シリーズより最大4Kまでの映像・音声信号(HDMI)とUSBデバイス信号、シリアル信号(RS-232-C)、IR信号(リモコン)、電源(PoC)をカテゴリ6/5e LANケーブル1本で最長70m(1080p@60 / 10.2Gbps相当は100m)まで伝送可能なHDBaseT HDMIエクステンダー「HD10-UTR」を2018年5月31日(木)に発売すると発表した。価格はオープン(市場想定売価は55,000円前後)。

◉主な特長
・最大4K UHD@60 4:4:4対応・HDR対応
TX(送信機)とRX(受信機)間の信号伝送には、HDBaseTプロトコル伝送を行うValens社製専用ICの他、伝送信号のスケーリングを行う低遅延ICを追加採用。入力された4K@60 4:4:4(18Gbps)信号をTX側で4K @60 4:2:0(10.2Gbps)信号へダウンスケール変換、Valens社製ICにてRX側へと伝送・受信し、RX側に搭載されたICにて再びアップスケール変換することで4K @60 4:4:4の映像信号伝送を可能に。また、スケーリングICには低遅延のものを採用し、信号の送出から受信までに発生する遅延は約20nsecと、肉眼では意識できないほどの低遅延に抑えられている。これにより最大18GbpsまでのHDMI信号伝送に対応し、HDR(ハイダイナミックレンジ)映像にも対応。またHDCP1.4 及び 2.2はパススルーによって伝送する。

・映像・音声・USBデバイス信号・IR信号・RS232-C信号を最長100m伝送

映像・音声信号(HDMI)とUSBデバイス信号(Ver2.0)、シリアル信号(RS-232-C)、IR信号(リモコン)、電源(PoC)をLANケーブル1本で最長100m(4K UHDは70m)まで伝送可能。また、送信機、受信機にそれぞれUSBポート(タイプA/mini-USB)を搭載しており、マウスやキーボードから離れた場所にあるPC本体、ハードディスクドライブ等の操作にも活用できる。

・双方向PoC(パワー・オーバー・ケーブル)対応
LANケーブル上で電源伝送するPoC (パワー・オーバー・ケーブル)に対応。設置場所での電源環境を考慮し、送信機、または受信機のどちらかにACアダプターを接続するだけで、送信機から受信機、または、受信機から送信機、双方向での電源供給に対応する。

・抜け防止DCコネクタ採用 / DC12~24V入力対応
入力は12V~24Vまでの広範囲電圧入力に対応するほか、本体電源コネクタに抜け防止のネジ式コネクタを採用。ネジ式で本体とACアダプターコネクタを固定するため、足を引っ掛けるなど、ケーブルを引っ張っても抜けない。

◉製品情報
http://www.ad-techno.com/products/mabco/HD10UTR/

株式会社エーディテクノ
http://www.ad-techno.com