HDMIでカメラと同期する音声レコーダー、
タスカムDR-701D


『DR-701D』はDSLR(デジタル一眼カメラ)やビデオカメラでの動画撮影時に使用することで、動画の音声をより高音質にすることが可能な6トラックリニアPCMレコーダー。カメラからのHDMI出力を入力することで映像とクロック同期をすることで、音ズレを防ぎ、かつ録音開始/停止動作の同期が可能。タイムコード入力対応で録音ファイルに時間情報を記録することができる。
マグネシウム合金を採用した軽量かつ堅牢な筐体は、カメラの上下どちらにも取り付けることができ、ステレオ内蔵マイクと4つのXLR入力で思い通りのセッティングができる。
複数台によるカスケード動作によりトラックの拡張も可能になっている。


ティアック TASCAM DR-701D
オープン価格  実勢84,000円前後

dr-701d_p_userW.jpg
4入力2出力のミキサー機能を搭載し、4トラックとその2ミックスの合計6トラックを同時録音することが可能。ミキサー機能ではPANとレベルが調整できるほか、マイク間の距離補正ができるディレイを搭載している。
dr-701d_p_leftW.jpg
dr-701d_p_rightW.jpg
本体は剛性の高いマグネシウム合金で構成され、軽量ながらも堅牢な造りを実現。豊富な入力端子を備えつつ、カメラサポートシステム、スタビライザーへの取り付け時でも、機動性の高さを追求している。
本体底面には受け側の三脚用ネジ穴を配置し、本体上面には取り外し可能なカメラ取り付け用スクリューとシューマウントを備えている。
三脚とカメラの間に設置したり、カメラ本体の上にシューマウントで取り付けたりと、取り回しの良い設置方法を選択できる。
dr-701d_p_frontW.jpg
本体前面にコンデンサーマイクを2つ搭載し、本体のみでも手軽に自然なステレオ音像が収録可能。また、小型のガンマイクと合わせて、インタビューでの話者の音声と周囲の音を同時に録音するなどといった運用もできる。
同社の製品サイトはこちら
サイト内には、セッティングの模様や音質を確認できるムービーもアップされている。
http://tascam.jp/product/dr-701d/videos/
◎InterBEE2015のティアックブースは、Hall 1の1201。