HDMI出力対応HD編集システム、HDSPARK


 トムソン・カノープスでは編集中のモニター映像をHDMI経由でリアルタイムで確認できるビデオ編集ボードの第2弾として、HDMI出力のみのHDSPARKを11月21日より発売する。価格は94,290円。


◆フル装備のEDIUS Pro 5をバンドル
hdspark20081107.jpg
 好評のHDSTORMに続き、EDIUS Pro 5をバンドルする編集システムが発売になる。HDSTORMとのハードウェア的な違いはHDMI入力を備えないこと。そのため、HDMI出力が可能な機器からのHQコーデックを利用したキャプチャはできないことになる。編集中のモニタリングしか利用しないというユーザーにはむしろこちらの製品のほうが割安となる。
 ソフトウェア的には充実し、HDSTORMではオプション販売だったサードパティのエフェクト関係をフル装備。BD/DVDオーサリングソフト、Ulead DVD MovieWriterもバンドルするので、HD編集からBD作成まで、これだけで一通り可能になる。
 デモを見た印象では、HDMI出力のレスポンスがHDSTORMより向上した点が好印象。レコーダーとプレーヤーを切り替えても瞬時にHDMIに接続されたディスプレイに表示する。ここは担当技術者が相当こだわった部分のようで、「サクサク動くカノープス」の伝統を意識したという。