アップル、LiDARスキャナを搭載した新しいiPad Proを発表


アップルは、A12Z Bionicチップを搭載した新しいiPad Proを3月25日に発売する。11インチと12.9インチの2モデルでカラーはシルバーとスペースグレイの2色。価格は11インチのiPad Proは、Wi-Fiモデルが84,800円〜、Wi-Fi + Cellularモデルが101,800円〜、12.9インチモデルは、Wi-Fiモデルが104,800円〜、Wi-Fi + Cellularモデルが121,800円〜(すべて税別)。

オプションでiPad Proにマグネットで取り付けられる『Magic Keyboard』も5月に発売する。価格は11型iPad Pro用が31,800円、12.9型iPad Pro用が37,800円(ともに税別)。

 

iPad Pro

iPad Proは新しいA12Z Bionicチップを搭載し、4Kビデオの編集や3Dモデルのデザインなど非常に高い処理能力が要求される作業に対応。カメラは、写真や4Kビデオを撮影できる12MPの広角カメラと、10MPの超広角カメラを搭載。

▲iPad Proは写真や4Kビデオが撮影できるほか、10MPの超広角カメラも搭載。

 

また、AR体験が可能となるLiDARスキャナを搭載。LiDARスキャナが計測した深度ポイント、両方のカメラとモーションセンサーからのデータを組み合わせ、さらにA12Z Bionicのコンピュータビジョンのアルゴリズムで強化されて、シーンをより詳細に理解する。これらの要素が密接に統合されて、iPad Pro上で全く新しいレベルのAR体験が可能になるという。

 

11型のサイズは、247.6×178.5×5.9mmで、Wi-Fiモデルが471g、Wi-Fi + Cellularが473g。
12.9型のサイズは、280.6×214.9×5.9mmで、Wi-Fiモデルが641g、Wi-Fi + Cellularモデルが643g。▲True Tone、高輝度と反射防止コーティングを特長とするLiquid Retinaディスプレイ

 

 

 

Magic Keyboard

iPad Proにマグネットで取り付けられるMagic Keyboardは、Multi-Touchスクリーンをディスプレイとして、また、フローティングデザインにより膝の上でもデスクの上でも使用できる。ユニークなカンチレバー式のヒンジにより最大130度まで視野角をスムーズに調整することができる。バックライトキーと、キーの運びが1mmのシザー構造を持つフルサイズキーボードを搭載。USB-Cを使ったパススルー充電が可能。

▲iPad ProのためのMagic KeyboardがフローティングデザインでMulti-Touchスクリーンをディスプレイに。

 

 

◉製品情報
https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

Apple Japan
https://www.apple.com/jp/