アップル、M1チップ搭載の新しいiPad Proを発表。12.9インチはLiquid Retina XDRディスプレイを搭載


アップルは、M1チップを搭載の新しいLiquid Retina XDRディスプレイを搭載した『iPad Pro』を発売した。ラインナップは、11インチと12.9インチの2モデル。4月30日から予約受付、5月下旬に販売を開始する。価格は11インチのiPad Proは、Wi-Fiモデルが94,800円〜、Wi-Fi + Cellularモデルが112,800円〜、12.9インチモデルは、Wi-Fiモデルが129,800円〜、Wi-Fi + Cellularモデルが147,800円〜(すべて税込)。

『12.9インチiPad Pro』は、新しいLiquid Retina XDRディスプレイを搭載。5G対応のCellularモデルでは、外出先でのワイヤレス接続がさらに高速になる。また、高速アクセサリのプロレベルのスループットをユーザーに提供するため、iPad ProはThunderboltに対応。さらに、新しい超広角フロントカメラにより、ユーザーを自動的にフレーム内に完璧に収める新機能「センターフレーム」が利用できるようになった。カメラは、 12MPの広角カメラと10MPの超広角カメラを搭載。M1チップの一段とパワフルなISPによりスマートHDR 3に対応。

本体サイズは、11インチモデルが247.6×178.5×5.9mm、質量はWi-Fiモデルが466g、Wi-Fi + Cellularモデルが468g。12.9インチモデルが280.6×214.9×6.4mm、質量はWi-Fiモデルが682g、Wi-Fi + Cellularモデルが684g。

 

 

iPad ProがM1を搭載

8コアCPUの設計は省電力シリコンにおいて世界最速のCPUコアを搭載し、A12Z Bionicと比較してCPUパフォーマンスが最大50パーセント高速に、GPUパフォーマンスが最大40パーセント高速になったといている。また、次世代の16コアのApple Neural Engine、先進的な画像信号プロセッサ(ISP)、最大16GBのメモリを備えた広帯域幅のユニファイドメモリアーキテクチャ、2倍高速なストレージ、最大2TBの容量などさらに高性能になった。

 

新しいLiquid Retina XDRディスプレイ

『12.9インチiPad Pro』は、新しいLiquid Retina XDRディスプレイを搭載。ディスプレイの背面全体に1万個を超えるLEDを使った新しい最先端のミニLED設計で作られ、最大1,000ニトのフルスクリーン輝度、1,600ニトのピーク輝度、100万対1の驚異的なコントラスト比を実現。これにより、写真家や映像作家といったプロのクリエイターは、どこにでも持って行ける大きなディスプレイで、実物に迫るHDRコンテンツを見たり編集したりできるとしている。ProMotion、True Tone、P3の広色域の対応は、11インチiPad Proにも搭載されている。

 

 

5G対応

iPad Proは5Gが利用でき、高画質のビデオストリーミング、リアルタイムでの共同作業、高解像度でのFaceTimeに適している。米国で販売されるiPad Proモデルは、5Gのうちより高い周波数帯を使用するミリ波にも対応するため、最高4Gbpsの通信速度を実現。iPad ProはeSIMにも対応しているので、その場でネットワークを探して5Gデータプランを設定できる。

 

Thunderboltに対応

iPad ProのUSB-Cポートは、ThunderboltとUSB 4に対応。有線接続での帯域幅は前世代のiPad Proと比較して4倍となり、最高で40Gbpsになる。Thunderboltは10Gbps Ethernetに対応で、高性能アクセサリの大規模なエコシステムを利用できるようになる。より高速な外付けストレージ、フル6K解像度のPro Display XDRのような、より高解像度の外部ディスプレイなどを、高性能ケーブルとドックを使って接続できる。

 

新機能のセンターフレーム

12MPの超広角フロントカメラを搭載し、ビデオ通話の新しい体験となるセンターフレームが利用できるTrueDepthカメラシステムを搭載。センターフレームは、新しい前面カメラのより広い視野角とM1の機械学習能力を使ってユーザーを認識し、ユーザーを常にフレームの中心に保つ機能。ユーザーの動きに合わせて、センターフレームが自動的に向きを変え、ユーザーをとらえ続ける。ほかの人が参加するとカメラはその人も検出し、全員が映るようにスムーズにズームアウトし、全員が会話に参加できるようにする。

▲センターフレームは、iPad Proの新しい12MP超広角フロントカメラを活用して全員がフレーム内に収まるようにする。

 

 

iPad Proのその他の新機能

  • M1のISPとNeural EngineによってProのカメラシステムでできることがさらに増え、iPad Proで初めてSmart HDR 3に対応。明るさが足りない場所でも、ISPとLiDARスキャナがすばやく正確に写真やビデオの焦点を合わせ、ほとんど明かりがない場面でも驚くほど細部をとらえる。
  • バックライトキー、内蔵トラックパッド、フローティングデザインが採用され、快適なタイピング体験を提供するMagic Keyboardに、魅力的な新しいホワイトのカラーが登場。
  • iPadOS 14.5では、スクリブルやスマート選択などのApple Pencilの機能に対応する言語が増えるほか、新しい絵文字、最新のゲームコントローラのサポート、Apple Musicで歌詞を共有したり世界中の都市のトップソングを表示できる機能が追加される。

 

 

◉製品情報
https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

Apple Japan
https://www.apple.com/jp/