アップル、デュアルカメラ搭載の『iPhone 11』とトリプルカメラの『iPhone 11 Pro』『iPhone 11 Pro Max』を発表


アップルは、デュアルカメラシステム搭載の『iPhone 11』とiphone初のproモデルでトリプルカメラ搭載の『iPhone 11 Pro』『iPhone 11 Pro Max』を発売する。予約注文は9月13日より開始、店頭販売は9月20日から開始予定。価格は、『iPhone 11』が74,800円から、『iPhone 11 Pro』が106,800円から、『iPhone 11 Pro Max』が119,800円から(すべて税別)。

 

iPhone 11

iPhone 11は、超広角および広角カメラを持つ1200万画素のデュアルカメラシステムを搭載。超広角カメラは13mm相当F2.4、広角カメラ26mm相当F1.8。新しい広角センサーはナイトモードを可能にし、屋内や屋外の暗い環境で撮影される写真を大きく向上させ、自然な色と低ノイズのより明るい画像にする。また、両方のカメラが連係して人やペット、物などをポートレートモードで撮影することができる。

動画は、最高60 fpsで4Kビデオを録画し、120 fpsでスローモーションを撮影できる。また、シャッターボタンを長押しすると録画が始まるQuickTake機能により、写真モードから切り替えることなく簡単に録画ができる。

ディスプレイは、6.1インチのRetina HDディスプレイ。容量は、64GB、128GB、256GBで、カラーは、パープル、グリーン、イエロー、ブラック、ホワイトそしてPRODUCT(RED)の6つ。

▲ナイトモードのイメージ。自然な色と低ノイズのより明るい画像にする。

▲超広角カメラの作例。

 

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max

『iPhone 11 Pro』 と『 iPhone 11 Pro Max』は、超広角、広角、望遠の3つのトリプルカメラを搭載。超広角は13mmF2.4、広角カメラは26mm相当F1.8、望遠カメラは52mm相当F2。

両モデルの基本的なスペックは同じだが、『iPhone 11 Pro』は5.8インチディスプレイで、『 iPhone 11 Pro Max』は6.5インチディスプレイとなっている。

動画記録は4K/60fpsに対応し、120 fpsでスローモーションが撮影できる。ビデオ編集ツール使用することでビデオを撮影したその場で、回転、トリミング、露出補正、フィルタの追加をすぐに行なうことができる。また、シャッターボタンを長押しすると録画が始まるQuickTake機能により、写真モードから切り替えることなく簡単に録画ができる。

容量は64GB、256GB、512GBで、カラーはミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの4色。

▲iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max の操作画面。

 

◉製品情報
iPhone 11
https://www.apple.com/jp/iphone-11/

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max
https://www.apple.com/jp/iphone-11-pro/

Apple Japan
https://www.apple.com/jp/