【Inter BEE 2021】JVCケンウッド、出展概要を発表。PTZカメラを活用したリモートプロダクション・システムソリューション「Robo Production」を展示


株式会社JVCケンウッドは、11月17日(水)〜19日(金)まで幕張メッセで開催される「Inter BEE 2021」に出展する。

同社ブースでは、PTZリモートカメラの新商品3機種「KY-PZ400N」「KY-PZ200N」「KY-PZ200」を中心に、ニューノーマル社会において急激に需要が拡大しているリモートプロダクションやリアルタイム配信を実現する独自のシステムソリューション『Robo Production』を展示。『Robo Production』においては、「CONNECTED CAM STUDIO」などとのシステム構築により、スポーツ中継、音楽ライブ、株主総会、企業ライブコマース、大学講義などの用途に応じて最適かつ実践的な配信ソリューションを提案する。

 

主な出展内容

1.【新商品】PTZリモートカメラ 「KY-PZ400N」「KY-PZ200N」「KY-PZ200」

NDI|HX・SRTプロトコルなど複数のIP伝送プロトコルに対応したPTZリモートカメラの新ラインアップを展示する。

「KY-PZ400N」は、1/2.5型 851万画素CMOSセンサーを搭載し、4K収録・配信に対応した高画質モデル。「KY-PZ200N」「KY-PZ200」は、HD収録・配信に対応する標準モデル。また、「KY-PZ400N」「KY-PZ200N」は、高効率・低帯域幅のIP伝送を実現するNDI|HXプロトコルと安定したIP伝送を実現するSRTプロトコルに対応し、高品質なリモート収録・配信を実現。「KY-PZ200」は、HD収録・SRTプロトコルの配信に対応したエントリーモデル。

 

2.リモートプロダクション・システムソリューション『Robo Production』

1)Robo Production – NETWORK(スポーツ中継向けリモートプロダクション)

バレーボールの国内リーグ戦や野球の独立リーグのライブ配信機材としても導入実績のあるリモートプロダクションシステムを展示。スタジオや調整室から遠隔地にあるネットワーク対応カメラのリモート操作が可能なため、低コストかつシンプルなパッケージで映像制作・配信を実現。

また、中継現場におけるスタッフの人数や機材運搬コスト、設営費用などを最小限に抑えることができるため、新型コロナウイルス感染症の感染対策として三密回避にもつながるソリューションとして提案する。

 

2)Robo Production – BASIC(音楽ライブ、舞台・コンサートホール向けローカルプロダクション)

最新のデジタル・IT技術によりライブ配信に必要な関連機器を1台に集約し、シンプルかつ低コストでハイクオリティなライブ映像配信を実現したライブプロダクションスイッチャー「CONNECTED CAM STUDIO」を核とするシステムを展示。

ミニマムな人員で映像制作・配信を可能とし、音楽ライブや舞台、コンサートホールの配信に最適なシステムとして提案する。なお同システムは、同社のグループ会社である株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが運営するライブハウス「Veats Shibuya」や、大阪のクラシック音楽専用ホール「住友生命いずみホール」などに導入実績がある。

 

3)Robo Production – LIGHT(企業ライブコマース、大学講義配信向けシステム)

NDI|HXプロトコルに対応し、外部コンバーター機器を使わずに、高効率で低帯域幅、低遅延の映像配信が可能なPTZリモートカメラ「KY-PZ400N」「KY-PZ200N」を活用した企業ライブコマース、大学講義配信向けシステムを展示。スマートフォン、タブレット端末、パソコンなどからWebブラウザにアクセスし、ライブ映像を遠隔地からモニタリングしながら、カメラをリモート操作できる簡易システム。

 

■ 「Inter BEE 2021」の開催概要

会期: 11月17日(水)10:00 ~ 17:30
11月18日(木)10:00 ~ 17:30
11月19日(金)10:00 ~ 17:00

主催 :一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)

公式URL: http://www.inter-bee.com/ja/