カディンチェ、バーチャルプロダクションソフトウェア「Pixotope」の取扱いを開始


カディンチェ株式会社は、ノルウェーのオスロに本社を置くPixotope Technologies社の国内正規代理店となり、リアルタイムバーチャルプロダクションソフトウェア「Pixotope(ピクソトープ)」の取扱いを開始した。

Pixotope Technologies社は、ライブメディアプロダクションにおけるミックスドリアリティ(MR)ソリューションを提供する国際的なソフトウェア開発会社で、同社の「Pixotope」は、Unreal Engine(UE4)をベースにして動作するソフトウェアであり、テレビ、オンライン動画、映画制作の現場にて、実写映像にCG(コンピュータグラフィックス)のオブジェクトをリアルタイム合成する際に用いられている。

 

Pixotopeの主な機能

・リアルタイム合成
ライブで実写映像とCG映像を合成するUnreal Engineを用いたソフトウェア

・バーチャルシーン(VS)
CGで制作されたバーチャルシーンやバーチャルスタジオセット上に、実写で撮影された出演者を合成

・オーグメンテッドリアリティ(AR)
実写で撮影された映像上に、CGで制作されたキャラクターやオブジェクトを合成

・クロスリアリティ(XR)
背景用大型LEDディスプレイをバーチャルプロダクションで背景映像や照明として使用可能に

・WYSIWYG (What You See Is What You Get)インターフェイス
直感的で使用しやすいグラフィカルユーザインターフェイス(GUI)を採用

 

カディンチェでは、2022年1月に松竹株式会社とミエクル株式会社とともに「代官山メタバーススタジオ」を開設。スタジオでは、2022年1月25日に歌舞伎公『META歌舞伎 Genji Memories』のライブ配信を実施。このライブ配信で使用したのが「Pixotope」であり、日本国内で最も早く同ソフトウェアを使用した配信事例になる。

 

『META歌舞伎 Genji Memories』

 

バーチャルプロダクションやインカメラVFXを実現するにあたり十分な機能を搭載し、直感的なユーザインターフェイスを実現していて、競合製品に比べて価格競争力もある「Pixotope」を日本で販売開始することで、より手軽かつ安価に動画制作現場のニーズを満たせると考えているという。

また、同社では「Pixotope(ピクソトープ)」の販売だけでなく、販売前のデモンストレーション、販売後のテクニカルサポート、代官山メタバーススタジオを利用した撮影協力、その他XRコンテンツ開発等の幅広いソリューションを提供可能としている。

 

◉カディンチェ株式会社
https://www.kadinche.com/contact/