KPI、SEETECブランドの4 K 入力 対応 液晶モニター ATEM156 を発表


株式会社ケンコープロフェショナルイメージングは、SEETECブランドの製作用4K入力対応液晶モニター『ATEM156』を10月23日より発売する。価格は、68,800円(税別)。

『ATEM156』は、4つのHDMI入出力を装備し、最大4台のカメラ、PC、その他のソースを接続でき、4分割で同時表示可能な液晶モニター。Rec.709による色空間、入出力信号は4Kに対応する。

電源は、12VDC入力(ACアダプター)とVマウントバッテリー両対応で、幅広い使用環境に対応。マルチビュー機能がないスイッチャーに有効なモニター。

搭載されている液晶パネルは、15.6型、170度広視野角のIPSパネル。表示はクワッドビューのほか、デュアルビュー、シングルビューに対応し、ピーキング、偽色、ピクセルツーピクセル、センターマーカー、グリッドマーカー、ズームなどの表示も可能。付属U字ブラケットによる設置のほか、VESAマウント(100mm、75mm)にも対応している。

▲背面に4つのHDMI入出力をもち、マルチカメラモニタリングを実現

 

ATEM156の主な仕様

画面サイズ:15.6”IPS
色深度:16.7MColor(8-bits)
解像度:1920×1080ピクセル
明るさ:250cd/m2
入力ポート:HDMIx4(4K対応30Hz
出力ポート:HDMIx4(4K対応30Hz)
オーディオ出力:3.5mmステレオヘッドホンおよびスピーカー
最大消費電力:12W以下
入力電圧:12-24V
サイズ・重さ:372.262.28.4mm、約1.57kg

 

株式会社ケンコープロフェショナルイメージング
http://www.kenko-pi.co.jp