ロジクール、ビデオ会議にも活用できるフルHD対応のウェブカメラ ストリームカム C980を発表


株式会社ロジクールは、スマートフォン向け縦方向ビデオ撮影対応で初心者にも使いやすく、YouTubeなど動画配信に便利な高画質ウェブカメラ『ストリームカム C980』を4月23日より発売する。カラーは、グラファイトとフホワイトの2色。価格はオープンで、市場想定価格は20,350円(税込)。

 

『ストリームカム C980』は、フルHD解像度1080pで60fpsの滑らかさで、同社の個人向けウェブカメラとしては最高画質。カメラを縦に置くと、スマートフォン向けに縦方向ビデオ撮影ができ、カメラ角度の微調整や専用ソフトウェアを用いたコンテンツ作成にも対応している。USBでPCに接続すれば、すぐに顔を明るく自然に映すことができ、声をクリアに届けるマイクが本体正面に設置されているためビデオ会議にも活用できる。

 

製品特長

■フルHD解像度1080p/60fps
動いている被写体も精細かつ滑らかに撮影・配信できるよう、フルHD1080p動画でフレームレート60フレームに対応。

■縦方向ビデオ撮影に対応
縦方向ビデオを撮影する際の設定変更は不要。カメラを縦に置くだけでInstagramやFacebookのストーリーなどスマートフォンでの再生に適したビデオを撮影できる。

■オートフォーカス、フルHDガラスレンズ搭載
オートフォーカス(カメラのレンズから10センチ以上で動作)と自動露出調整が的確に作動し、顔を明るく鮮明に映す。また、シャープで明瞭な画像を届けられるよう、レンズにフルHDに最適化されたガラス製レンズを採用。78度の視野角により、最高2人をフレームに収めることができる。

■角度調整できる
PCモニター上や卓上に設置してカメラの向きを上下左右に動かせる。不意にカメラ位置がズレてしまった時に便利な、ブレ補正機能付き。

■専用ソフトで手軽に映像を加工
ウェブカメラ用ソフトウェアLogicool Captureを用いれば、もう1台のウェブカメラの映像、またはデスクトップ画面やアプリケーションウィンドウを画面の片隅に置いたり、左右2分割にして配信できる。カメラのズームやパン、クロマキーによる背景の削除、リアルタイムでメッセージを表示させることも可能。また、自動フレーミングをオンにすることで、常に人物を動画中央に最適にフレーミングする。
*Webサイトからダウンロードが必要  https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/capture

■USB-C接続
高画質映像を高速かつ安定して配信するのに適したUSB Type-Cを採用。

 

製品仕様

色:グラファイト / オフホワイト
型番:C980GR / C980OW
本体:[クリップなし] サイズ(幅×奥行×高さ):58mm x 48mm x 66mm 重量:150g
[クリップ付き] サイズ(幅×奥行×高さ):58mm x 48mm x 85mm 重量:222g
ケーブル長:1.5m
フォーカス:オートフォーカス
視野角:78°
フレームレート:最大60フレーム/秒
内蔵マイク:ステレオ
ソフトウェア:Logicool ウェブカム ソフトウェア Logicool Capture※ロジクールのWebサイトからダウンロードが必要
付属品:本体、モニターマウント、ユニバーサルモニターマウント、クイックスタートガイド、保証書、保証規定、3ヵ月間のXSplitプレミアムライセンス
動作環境:[必要システム] Windows 10 以降、Mac OS X 10.14 以降
[推奨システム] 第4世代Intel Core i5 以上、USB 3.1 type Cポート
接続I/F:USB 3.1 type C

 

◉製品情報
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/streamcam

ロジクール www.logicool.co.jp