映像ディレクターが語る 一眼動画の撮影~グレーディングTIPSセミナー


ビデオサロン編集部は、1月31日(金)にパナソニックセンター東京 有明Bスタジオにて「映像ディレクターが語る一眼動画の撮影〜グレーディングTIPSセミナー」を実施する。

デジタル一眼カメラのサイズと価格帯でありながら、シネマカメラのクオリティを実現したパナソニックLUMIX S1Hが映像制作の現場で使われることでどんな効果をもたらすのか? このカメラをいち早く使用したクリエイター2名のトークセッションを開催する。“小型シネマカメラ”というジャンルがこれからの映像制作のスタイルを変えていくことを明らかにしていく。

講師はシネマティックなウェディング映像で定評のあるディレクター・ビデオグラファーの酒井洋一さん。そして、最近ではフジテレビオンデマンド(FOD)ドラマ『乃木坂シネマズ~STORY of 46~』を手がけ、プロデューサー、ディレクター、ビデオグラファーとして幅広く活動する曽根隼人さん。二人がそれぞれS1Hで作り上げた作品を例に、撮影・編集・カラーグレーディング等の制作ワークフローを解説していく。

当日は、パナソニック製品担当による使いこなしのTipsの紹介や撮影で使用された機材の展示も予定している。当日参加者限定特典として、酒井さんと曽根さんの撮影フッテージの一部をダウンロードできる。参加は無料(事前登録制)。申し込みは下記応募フォームから。

 

●開催概要

日時:2020年1月31日(金)

会場:パナソニックセンター東京 有明 Bスタジオ

〒135-0063 東京都江東区有明3-5-1

時間:13:00〜(受付開始12:00〜)

主催:株式会社玄光社 ビデオサロン編集部、株式会社サロンエージェンシー

協力:パナソニック株式会社

協賛:株式会社シグマ、東洋レンタル ほか(50音順)

 

●講師と講演内容

※講演内容は変更になる可能性があります。

Session1____________________

「一眼スタイルでV-Log撮影した ショートムービーの撮影からグレーディングまでのワークフロー」

酒井洋一氏(HIGHLAND)  ゲスト:カラリスト大田徹也氏(デジタルエッグ)

LUMIX S1Hでズームレンズ2本、50mm 1本で1日で撮影したショートムービー 「KITSUNE」を題材に一眼レフスタイルでV-Log撮影するショートムービーの撮影現場の 裏側とその後のカラーグレーディングについて解説。

 

Session2____________________

「コンパクトシネマカメラで挑むマルチカメラMV撮影・編集・グレーディングの裏側」

曽根隼人氏(4thFILM

S1Hをシネマカメラとして捉え、ミュージックビデオの現場で使用。 3台のマルチカメラ体制で運用してみた。 今回、撮り下ろしたMV「aether」例に現場の模様や編集・グレーディングでの10bit Vlogの魅力について語る。 撮影で導入したアナモフィックレンズ・ATLAS Lens OrionシリーズやコンパクトクレーンQUICKRANEなど撮影機材の紹介も。

 

 

●タイムスケジュール

12:00       受付開始(開場)

13:00〜14:30  レクチャー1(酒井氏)

14:45〜15:15  マーケティング担当が語るLUMIX S1Hの魅力

15:30〜17:00  レクチャー2(曽根氏)

17:00〜18:00  ハンズオンタイム

 

●応募方法

参加費:無料(事前申込制)

申込みフォーム:https://forms.gle/RMYVFAg9XEgDkE1t7

定員人数:50名

※定員を超えた場合は抽選となります。抽選結果のご連絡は1月17日(金)までにメールにてご連絡いたします。

問い合わせ:salon_ag@genkosha.co.jp(メール)