文化庁、「第23回文化庁メディア芸術祭 」作品募集を開始!新たにソーシャル・インパクト賞とU-18 賞を増設


文化庁は、「第23回文化庁メディア芸術祭」の作品募集を開始した。募集期間は、2019年8月1日(木)~10月4日(金)まで。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で過去1年間(2018年10月6日~2019年10月4日)の間に完成または、すでに完成してこの期間内に公開された作品を対象に、プロ、アマチュア、自主制作、商業作品を問わず世界中から広く作品を募集する。

応募作品は審査委員会による審査を経て各部門の大賞、優秀賞、新人賞、審査委員会推薦作品と功労賞を2020年3月に発表する予定。また、未来を観せるフェスティバルとして多様な作品を顕彰するために今回から新たにソーシャル・インパクト賞とU-18 賞を増設。

文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル。平成9年度(1997年)の開催以来、高い芸術性や創造性をもつ優れた作品を顕彰し、受賞作品等の展示・上映やシンポジウム等の関連イベントを実施する受賞作品展を開催している。第22回は、世界102の国と地域から4,384作品の応募があり、文化庁メディア芸術祭は国際的なフェスティバルへと成長を続けている。

 

第23回文化庁メディア芸術祭 募集概要

募集部門

■アート部門
テクノロジーとともに新たな価値観を探り,批評的な視点をもつ様々な表現
インタラクティブアート、メディアインスタレーション、映像作品、映像インスタレーション、グラフィックアート(写真を含む)、ネットアート、メディアパフォーマンス等

■エンターテインメント部門
「面白さ」、「楽しさ」とは何かを問い、遊びや体験をつくりだす多種多様な形式の作品
ゲーム(テレビゲーム、オンラインゲーム等、映像・音響作品、空間表現(特殊映像効果・演出、パフォーマンスを含む)、プロダクト(メディアテクノロジーを活用した製品,研究開発デバイス等)、ウェブ・アプリケーション等

■アニメーション部門
豊かな物語性や個性的な表現力をもった、完成度とオリジナリティを極めた作品
劇場アニメーション、短編アニメーション(オープニング映像、エンディング映像等を含む)、テレビアニメーション、ネット配信動画等

■マンガ部門
単行本で発行されたマンガをはじめ、ネットや電子媒体による発表形態の多様化に伴いマンガ
の可能性を拡張するような作品
単行本で発行されたマンガ、雑誌等に掲載されたマンガ(連載中の作品を含む)、コンピュータや携帯情報端末等で閲覧可能なマンガ、同人誌等の自主制作のマンガ等

応募条件

■2018年10月6日(土)から2019年10月4日(金)までの間に完成または、すでに完成してこの期間内に公開された作品。
※更新、リニューアルされた作品で上記期間中に完成、または発表された作品も応募可能。
※応募する作品数に制限はないが、同一の作品を複数の部門に重複して応募することはできない。

■ 応募者は作品の著作権を有することが必要。
代理の方が応募する場合は,必ず著作権者に承諾を得ること。
※応募申込みをもって,応募者及び作者の同意を得られたものとする。

各 賞

受賞発表は2020年3月を予定。
審査委員会による審査を経て、部門ごとに大賞、優秀賞、新人賞を決定し、それぞれに賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー,副賞(大賞100万円,優秀賞50万円,新人賞30万円)が贈られる。
また、未来を観せるフェスティバルとして多様な作品を顕彰するために、今回から新たな賞を増設。

メディア芸術祭賞(文部科学大臣賞)
大  賞 : 賞 状 ,トロフィー ,副賞100万円
優 秀 賞 : 賞 状 ,トロフィー ,副賞50万円
新 人 賞 : 賞 状 ,トロフィー ,副賞30万円
功 労 賞 : 賞 状 ,トロフィー
新設 ソーシャル・インパクト賞:賞状,トロフィー,副賞 50 万円
新設 U-18 賞:賞状 ※対象資格:西暦2002年4月2日以降に生まれた方

 

◉文化庁メディア芸術祭 http://festival.j-mediaarts.jp