ソニー、全身の動きを捉える小型で軽量のモバイルモーションキャプチャーmocopiを発売


ソニーは、センサーとスマートフォン(専用アプリケーション)のみで、モーションキャプチャーやVRへのリアルタイムなモーション入力を実現するモバイルモーションキャプチャー『mocopi』を発売する。発売は2023年1月下旬で、ソニーストアでの販売価格は49,500円(税込)。ソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」で購入・予約可能で、予約販売の受付開始は12月中旬を予定している。

同製品は、全身の動きを含むアバター動画やモーションデータ制作を屋内外で手軽に実現するだけではなく、モーション入力デバイスとして、VRChatなどの対応サービスでリアルタイムにアバターを操作することが可能。通常、モーションキャプチャーを用いた映像制作には、専用の設備やオペレーターが必要だが、『mocopi』は当社独自のアルゴリズムを活用することで、少ないセンサー個数で高い精度のモーション計測を実現し、VTuberや映画・アニメーション制作に携わるクリエイターを時間や場所の制約から解放することを目指す。

主な特長

1. 装着が容易な小型・軽量センサーで、データ取得やモーション入力が可能

装着が容易な小型・軽量センサー
▲装着が容易な小型・軽量センサー

直径32mm×厚さ11.6mm、重さ8gの小型センサーを6か所(頭部、両手首、腰、両足首)に装着し、専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンとBluetooth接続することで、アバター動画とモーションデータの制作が可能。データ取得には、ソニー独自のアルゴリズムを使用することで、少ないセンサー個数で高い精度のモーション計測を実現する。

各センサーは、付属のマジックテープ式バンドやクリップで身体に容易に固定できることに加え、完全ワイヤレス型のため、電源やケーブルといった場所の制約を受けない。そのため、製品とスマートフォンがあれば、屋外でも手軽にモーションデータを制作することができるほか、VRChatなどの対応サービスへモーション入力することができる。

 

2. アバター動画の制作やデータ書き出しなどをスマートフォンのみで実現

スマートフォン上でアバター動画を制作
スマートフォン上でアバター動画を制作

専用アプリケーションでは、装着したセンサーから取得するデータを用いてアバターを操作し、スマートフォン上でアバター動画を制作できる。アプリケーションで使用するアバターは、初期設定の素材以外に、外部データをインポートして設定することが可能。制作したアバター動画は、アプリケーション上でmp4などの動画データやモーションデータとして書き出し、スマートフォン上に保存できる。

 

3. メタバース向けサービスや3D開発ソフトウェアと連携するSDKを提供開始

SDK提供により、フィットネス領域など新たなサービス開発も可能に
SDK提供により、フィットネス領域など新たなサービス開発も可能に

『mocopi』で取得するモーションデータと、メタバース向けサービスや3D開発ソフトウェアを連携するためのSDKを12月15日から提供予定。SDKを利用することで、センサーから取得するモーションデータをPCでリアルタイムに受信し、UnityやMotionBuilderなどの3D開発ソフトウェア上で即時確認しながら編集できる事に加え、ソーシャルプラットフォームのアプリケーション経由で配信することが可能です。

 

4. 環境配慮への取り組み

プラスチック使用量ゼロ パッケージ(イメージ)
プラスチック使用量ゼロ パッケージ(イメージ)

ソニーグループでは、2050年までに環境負荷ゼロを目指す環境計画「Road to Zero」を策定しており、この達成に向けて段階的に環境中期目標を設定しながら行動している。同製品は個装パッケージのプラスチック使用量ゼロを実現している。

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/mocopi/

ソニー株式会社
https://www.sony.co.jp/

vsw