Nextorage、プロフェッショナル向け SSD「AtomX SSDmini NPS-AS シリーズ」を発売。NINJA V+で ProRes RAW HQ 8K/30p、4K/120p 記録を実現


Nextorage株式会社は、ATOMOSのレコーダー専用 SATAⅢ (6Gbps)SSD『AtomX SSDmini NPS-AS シリーズ』を 11月30日より発売する。ラインナップは『NPS-AS500 』(500 GB)、『NPS-AS1TB』(1,000 GB)。価格はオープン。

「NPS-AS シリーズ」は、ATOMOSの独自規格「AtomX SSDmini 規格」に準拠する小型 SSDとして同社レコーダーの全コーデックにおいて認証を取得。フレームドロップすることなく安定した記録が可能で、インターフェースには標準 SATAⅢコネクタを使用しており、ATOMOSのすべてのレコーダーで使用できる。

同社は、ATOMOS 製レコーダーのアクセスパターンに特化した独自のファームウェアを開発し、可能な限りガベージコレクションが発生しないアルゴリズムの開発を進めてきたという。これにより、Secure Erase なしでユーザー容量の最後まで安定した SSD の書き込み速度を維持している。

また、ATOMOSの最新レコーダ ー「NINJA V+」での ProRes RAW HQ 8K 30p、4K 120p の記録を実現。ATOMOS の検証ラボによる認証を受けた唯一の AtomX SSDmini となる。 シーケンシャルリードは最大 550 MB/s、シーケンシャルライトは最大 500 MB/s。

 

主な特長

■ATOMOS レコーダーの全てのコーデックに対し、速度ドロップ無しで安定した記録を実現 ATOMOS 社最新レコーダー「NINJA V+」での ProRes RAW HQ 8K 30p、4K 120p 記録が可能 「NINJA Ⅴ」「SHOGUN7」「SUMO19」「Neon17/24」との互換性も確保

※「Sumo19」に使用する場合は、AtomX SSDmini の専用ハンドルが必要。•ProRes RAW HQ 8K 30p、4K 120p の記録を実現

■ProRes RAW HQ 8K 30p、4K 120p の記録を実現
ATOMOS 検証ラボで認証を受けた唯一の AtomX SSDmini

■ATOMOS NinjaⅤ+での SSD ライフ表示を実現
「NINJA V+」の Media Information メニューで SSD の寿命が確認できる。

■挿抜回数 3,000 回を実現
通常の SATA コネクタよりも挿抜耐性の強いコネクタを採用

■放熱性を考慮したアルミダイキャスト製の堅固な筐体
温度上昇試験と落下試験を行い、放熱性に優れた堅固な筐体であることを確認

 

製品仕様

製品名称:AtomX SSDmini NPS- AS シリーズ
モデル:NPS-AS500/ NPS-AS1TB
容量:AS500/1,000 GB
インターフェース:SATAⅢ (6Gbps)
シーケンシャル速度(Read):最大 550 MB/s
シーケンシャル速度(Write):最大 500 MB/s
外形寸法:75.5 x 80 x 9.3 mm
重量:81 g
TBW:1,500 TBW/3,000 TBW
動作温度範囲:0 ~ 40℃
保存温度範囲:-40℃ ~ 85℃
保証:3年

 

◉製品情報
https://www.nextorage.net/articles/211116/

Nextorage
https://www.nextorage.net