ニコン、ニコン Z マウントシステム対応の超望遠ズームレンズ「NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR」を発売


株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコン Z マウント採用のフルサイズ/FXフォーマットミラーレスカメラ対応の超望遠ズームレンズ『NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR』を8月に発売する。価格はオープンで市場想定価格は250,000円前後(税込)。

『NIKKOR Z 180-600mm f/5.6-6.3 VR』は、高い機動性と優れた操作性を備える超望遠ズームレンズ。野鳥や野生動物、飛行機など、遠くの被写体を大きく捉え、迫力のある撮影を実現。

さらに、広角端での最短撮影距離が1.3 m望遠端の最短撮影距離は2.4mと短いため、例えば野鳥を撮る合間に足元の花や昆虫など、近くの被写体の撮影も可能。幅広い焦点距離域をカバーすることで、レンズを交換することなくこの1本で多彩な撮影が楽しめるとしている。

また、軽量設計や手ブレ補正効果5.5段などにより高い機動性を実現し、インターナルズーム機構の採用などで操作性も大幅に向上

 

 

主な特長

• 180mmから600mmまでの焦点距離をカバーしながら、質量1955g軽量化を実現

広角端での最短撮影距離が1.3mと短いため、足元の花や昆虫など、近くの被写体の撮影にも対応

5.5段の高い手ブレ補正効果により手持ち撮影や暗所での撮影でも効果的にブレを軽減

STM(ステッピングモーター)」を採用し、高速で静粛なAFを実現

インターナルズーム機構の採用により、ズーミング時の重心の安定性や防塵性能などを向上

割り当てられる機能が豊富で便利な「レンズFnボタン」を前方に4つ配置し、手持ち撮影時でも操作しやすい設計

フードが外れにくいレンズフードロック解除ボタン付きのレンズフードを採用

防塵・防滴に配慮した設計2と、レンズ前面に防汚性能に優れたフッ素コートを採用

滑らかに動作し操作音が収録されにくい「コントロールリング」に加え、フォーカスブリージングの抑制に配慮した設計で、動画撮影にも最適

テレコンバーター装着時においても高い解像感を維持し、「Z TELECONVERTER TC-1.4x」(20208月発売)の装着により焦点距離を840mmまで、「Z TELECONVERTER TC-2.0x」(20208月発売)の装着により焦点距離を1200mmまで拡大可能

• EDレンズを6枚採用したことにより、色収差を効果的に補正

 

 

主な仕様

マウント

ニコン Z マウント

焦点距離

180mm-600mm

最大口径比

15.6-6.3

レンズ構成

1725枚(EDレンズ6枚、非球面レンズ1枚、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)

画角

13°40′– 4°10′(撮像範囲FX9°–2°40′(撮像範囲DX

寸法

110mm(最大径)×315.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)

質量

2140g(三脚座リング含む) 、約1955g(三脚座リングなし)

 

 

 

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_180-600mm_f56-63_vr/

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/

vsw