ニコン、高倍率14.2倍のズームレンズ「NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR」を発売


 

株式会社ニコンイメージングジャパンは、Z マウントを採用したフルサイズ/FXフォーマットミラーレスカメラ対応の高倍率ズームレンズ『NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR』を4月19日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は222,200円(税込)。

『NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR』は、NIKKOR Z レンズ初の28mmから400mmの幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズ。400mmまでの超望遠ながらも、質量わずか約725gのクラス最軽量となる小型・軽量設計を実現。

クラスで最も高い14.2倍のズーム倍率により、遠くの被写体の質感や表情を印象的に切り取る迫力のある映像表現を実現。広角端での最短撮影距離は0.2m、望遠端も1.2m。最大撮影倍率0.35倍。

また、「STM(ステッピングモーター)」を採用し、高速なAF駆動により、動く被写体にも素早くピント合わせが可能。手ブレ補正効果5.0段のほか、動画撮影時にはマニュアルフォーカス(MF)時のリニア操作により、目的の位置に容易にピントを合わせることができる。

主な特長

・NIKKOR Z レンズで初めて28mmから400mmの幅広い焦点距離をカバー
・クラスで最も高いズーム倍率14.2倍を実現
・広角端では最短撮影距離0.2mと最大撮影倍率0.35倍により、被写体に近づいたダイナミックな撮影が可能
・全長約141.5mm、クラス最軽量の質量約725gの小型・軽量ボディーで持ち運びしやすく、手持ち撮影時の負担を軽減
・手ブレ補正効果5.0段で、手持ち撮影や暗所での撮影でも安定した手ブレ補正効果を発揮
・シンクロVRに対応し、カメラボディーのボディー内手ブレ補正と合わせることにより補正効果が5.5段※1まで向上
・「STM(ステッピングモーター)」を採用し、高速なAF駆動を実現
・フォーカス時の画角変化(フォーカスブリージング)の抑制や露出の安定化など、動画撮影に配慮した設計
・MFリニア駆動対応で、スムーズなピント調節が可能
・ゴーストの軽減や、逆装着時のズーム操作への対応など、高性能やユーザビリティーを兼ね備えた、コンパクトな角形レンズフードを付属
・レンズ鏡筒の可動部分をはじめとする随所にほこりや水滴の侵入を防ぐシーリングを施した、防塵・防滴に配慮した設計

 

主な仕様

マウント ニコン Z マウント
焦点距離 28-400mm
最大口径比 1:4-8
レンズ構成 15群21枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ3枚)
画角 75°-6°10’(撮像範囲 FX)
53°-4°(撮像範囲 DX)
寸法 約84.5mm(最大径)×141.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約725g

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_28-400mm_f4-8_vr/

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/

vsw