ヒビノ、Soundcraft(サウンドクラフト)のアナログ・ミキサー「Notepad Series」3機種を発表


ヒビノ株式会社は、Soundcraft(サウンドクラフト)のアナログ・ミキサー「Notepad Series」3機種『Notepad-5』(写真左)、『Notepad-8FX』(写真中央)、『Notepad-12FX』(写真右)を8月7日より発売。価格はオープン。

Notepad Seriesは、暖かみのあるブリティッシュ・サウンドを生む高品位マイクプリアンプやスタジオ品質のLexicon PRO製エフェクト・プロセッサーを装備し、クラスを超える音響性能を実現。さらに、マルチトラックの録音に対応するUSBオーディオインターフェース、豊富なアナログ入出力などの多彩な機能を搭載しており、DTMはもちろん、動画制作から小規模PAまで様々なシーンで活躍する。入力数や出力の構成、機能が異なる3つのモデルをラインナップ。

商品名 入力数 オーディオインターフェースの
入出力数
Notepad-5 1モノラル+2ステレオ 2イン2アウト
Notepad-8FX 2モノラル+3ステレオ 2イン2アウト
Notepad-12FX 4モノラル+4ステレオ 4イン4アウト

 

製品特長

Notepad Seriesは、暖かみのあるブリティッシュ・サウンドを生む高品位マイクプリアンプやスタジオ品質のLexicon PRO製エフェクト・プロセッサーを装備し、クラスを超える音響性能を実現。さらに、マルチトラックの録音に対応するUSBオーディオインターフェース、豊富なアナログ入出力などの多彩な機能を搭載しており、DTM はもちろん、動画制作から小規模PAまで様々なシーンで活躍する。

 

クラスを超える音響性能を獲得

  • 上位機種譲りの高品位なマイクプリアンプを採用。広いヘッドルームと低ノイズはもちろんSoundcraftならではの暖かみのあるブリティッシュ・サウンドを継承。
  • モノラル入力には3(Notepad-5は2)バンドのEQを装備。中域のEQは、ブースト時は広い帯域に、カット時は狭い帯域に作用する実用的な仕様になっており、音質を自在に補正できる。低域ノイズを除去するハイパスフィルターも装備。
  • Notepad-8/12FXにはスタジオ品質のLexicon PRO製エフェクト・プロセッサーを搭載。世界的に評価の高いリバーブのほか、ディレイやコーラスも利用でき、一台で積極的な音作りが可能。ボーカルの表現力を高めるカラオケモードも用意。

 

様々な機器を直接接続可能

  • Notepad-12FXは、4イン4アウトのUSBオーディオインターフェースを備えている。出力には任意の信号をアサインできるため、PCやタブレット端末を利用してマルチトラックの録音が手軽に行える。入力は2系統のチャンネル入力に加えて別系統のステレオ信号を直接ヘッドホンから出力可能。演奏と合わせるためのクリック音や収録済みの音源などを流すのに便利。Notepad-5/8FXのUSBオーディオインターフェースは2イン2アウト仕様。
  • モノラル入力はXLRと標準フォーンの複合型端子で、XLRはマイクレベル、標準フォーンはラインレベルの信号に対応している。XLRには48Vファンタム電源が供給されており、コンデンサー型マイクロホンを使用できる。標準フォーンはハイ・インピーダンス接続に対応し、エレクトリック・ギター/ベースなどを直接接続可能。
  • 出力は、マスターの他、ソースやモノラル/ステレオの切り替えが可能なモニター出力、ヘッドホン出力、AUX 出力を装備。

 

運用をサポートする機能を多数装備

  • マイクロホンに信号を入力すると自動でUSBオーディオインターフェースからの入力信号の音量を下げ、終了するとスムーズに元の音量に戻すダッキング機能を用意。例えば、音楽とナレーションが含まれる動画を作る場合、ナレーターが話している間、音楽の音量を自動的に下げることができる。
  • モノラル入力にはGAIN/EQ/LEVELつまみ通過後の信号レベルを監視するLEDインジケーターを、マスター出力には視認性に優れたLED出力レベルメーターを装備。信号レベルを的確に把握できる。
  • 筐体はメタル製で耐久性に優れ、電源コードの抜けを防止する留め具も装備。

 

◉製品情報
https://proaudiosales.hibino.co.jp/soundcraft/4420.html

ヒビノ株式会社
https://proaudiosales.hibino.co.jp/