ノバレーゼ、結婚式場の見学・内覧にZoomなどのテレビ会議システムを導入


ブライダル大手の株式会社ノバレーゼは、新郎新婦の結婚式場の見学・内覧に「Zoom」や「Skype」などのテレビ会議システムを初導入する。オンライン内覧は、政府の緊急事態宣言の解除後から順次、全国24府県31店舗で行う。

テレビ会議システムは、Zoomをメインに、新郎新婦の利用状況に応じてSkypeとFaceTimeも使い分け、ウエディングプランナーは、操作性とモバイル性、手元のブレ防止を考慮してiPadを使用。

ビデオ通話による内覧は、ラウンジでの挨拶と会社概要、施設概要の説明から通常通りの手順で始め、施設紹介では、パンフレットの写真や結婚式の動画、二人に合う挙式イメージを相手画面に映し出すなどして、システムの機能を活用しながら、普段の接客をそのまま行うという。その後、iPadで館内を撮影しながら、移動し、披露宴会場やチャペルや控え室等をビデオ内覧する。列席者の頭上、大階段から新郎新婦が入場するといった人気演出も披露する。カメラは新郎新婦の目線で撮影するようにして、遠隔でも臨場感をもって会場見学ができるようにするとしている。

 

◉詳細情報はこちら

株式会社ノバレーゼ
http://www.novarese.jp/