パナソニック、LUMIX GH6 ファームウェアVer.2.3を発表〜動画撮影の機能向上に対応


パナソニック株式会社は、ミラーレス一眼カメラ LUMIX Gシリーズ『DC-GH6』において、動画撮影の機能向上に対応したファームウェアのダウンロードサービスを7月11日より開始する。

 

ファームウェアVer.2.3の動画機能強化

【1】プロフェッショナル動画性能

●Blackmagic Design社製レコーダー「Blackmagic Video Assist 12G HDR」へのHDMI経由での動画RAWデータ出力に対応し、「Blackmagic RAW」記録が可能

5.7K(5728×3024)、Cinema4K(4096×2160)、アナモフィック5.8K(5760×4320)、アナモフィック4.4K(4352×3264)の動画RAWデータを、Blackmagic Design社製レコーダーBlackmagic Video Assist 12G HDRにHDMI経由で出力することが可能になる。

ポストプロダクション時の編集やグレーディングに有効なBlackmagic RAWを記録できるので、ポストプロダクションへの対応力を強化し、映像制作のワークフローを強力にサポートする。

●外部モニターレコーダーへの4K 120p HDMI出力に対応(※)

高画質でスローモーション効果を演出できるハイフレームレートのCinema4K(4092×2160)120p、4K(3840×2160)120pをHDMI経由で、外部モニターレコーダーへ出力が可能。

※ CFexpressカードやSDメモリーカードには同時記録はできない。

 

 

【2】その他の動画機能

●カメラ内動画修復機能

撮影中にバッテリー切れ、記録カードの抜き差しなど、正常に動画記録が終了できず、再生や編集ができない破損した動画ファイル[mdt/mvdファイル]をカメラ内で修復できる。

*MOV拡張子のみ対応。
*撮影時間が短い動画は修復できない場合がある。
*修復されたファイルはmdt/mvdファイルが格納されている記録メディア内に生成される。

 

 

◉対応ファームウェア【DC-GH6 ファームウェアVer.2.3】
https://panasonic.jp/support/dsc/

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html

vsw