パナソニック、Lマウントシステム用の50mm F1.8 単焦点レンズS-S50を発表


パナソニック株式会社は、ルミックスフルサイズミラーレス Sシリーズ用交換レンズ F1.8単焦点シリーズの第2弾として『S-S50』を6月25日より発売する。価格は、59,400円(税込)。

同製品は、ライカカメラ社の開発したLマウントを採用し、卓越した描写性能、美しいボケ味、印象的な立体感を追求するとともに、機動性の優れた「Sレンズ」として展開。大口径標準単焦点レンズの同製品は、スナップショットから美しいボケ味を活かしたポートレートまで幅広い撮影を楽しめる。さらに、リニアモーターを採用することで、高速・高精度なAF性能に加えて、AF動作時の静粛性を両立。動画撮影時に、フォーカスの駆動音を気にすることなく撮影ができる。

 

▲DC-S5装着イメージ

 

 

主な特長

1. 幅広い表現力と優れた描写性能の両立

大口径F1.8ならではの柔らかく美しいボケ表現が可能で、夜景スナップにおいても口径食を抑えた美しい玉ボケがワンランク上の表現が可能。8群9枚のレンズ構成では、球面収差や歪曲収差などの諸収差を抑える非球面レンズを3枚採用し、高い解像性能を実現。F1.8シリーズ全体を通して描写性能を統一することでレンズ交換をしても写真やカットごとの描写に違いが少なく、全体が一貫した描写でまとまり高品位な作品に仕上がる。

 

2. 静音性能など、映像作品制作にも最適な動画性能

リニアモーターを採用で、高速・高精度なAF性能と静粛性に優れたAF動作性能を両立。動画撮影時では、静粛な駆動によりフォーカス駆動音を気にせず撮影でき、ポストプロダクションの際も作業の短縮化を図る。また、フォーカシング時のピント位置の移動に伴い画角が変化するブリージング現象を抑制、さらに輝度変化の大きいシーンでのパンニングも、絞りマイクロステップ制御により絞り値を細かく制御することでなめらかな露出変化を実現。MF時のリニア、ノンリニアの切り替えをカメラ本体で選択することで、リニア選択時のフォーカスリングの回転角度を変更できる。回転角度によるフォーカス駆動量を調整することで、シネマレンズのような直感的で細かなピント送りを実現し、クリエイターの表現意図に沿った撮影が可能。

 

3. F1.8シリーズ共通のサイズと操作性

サイズを統一し、ほぼ同じ重心バランスを実現したF1.8単焦点シリーズは、ジンバルやドローンを活用した撮影において、同シリーズレンズを組み合わせて運用することでレンズ交換時のバランス調整の負担を軽減し、時間が限られた撮影でもスムーズなオペレーションを可能にする。また、シリーズ共通のサイズによるホールディングやフォーカスリング位置とトルク、フィルター径など統一された操作性と、防塵防滴・耐低温仕様は、幅広い撮影シーンをサポートする。

 

 

仕様

焦点距離 : f=50mm
レンズ構成:8群9枚(非球面レンズ3枚、EDレンズ1枚、UHRレンズ1枚)
マウント:ライカカメラ社L-Mount規格準拠
撮影距離範囲:0.45m~∞(撮像面から)
開放絞り:F1.8
最小絞り:F22
絞り形式:9枚羽根 円形虹彩絞り
フィルター径:Φ67mm
サイズ:Φ73.6mm×約82.0mm
質量:約300g (レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを含まず)
付属品:レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ

 

 

◉製品情報
https://panasonic.jp/dc/products/s_series_lens/lumix_s_50.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html