Ronin-Sから41%の軽量化に成功! コンパクトで軽くなったジンバルRonin-SCが登場


一眼用ジンバルとして、少人数の映像制作の現場では定番となったDJI Ronin-S。多くのユーザーの支持を集める製品だったが、「正直、重い」という声もあったのも事実。今回発表されたRonin-SCはRonin-Sから41%の軽量化を実現したモデル。本体重量は1.1kgで最大積載重量は2kgに対応する(Ronin-Sは本体重量1.84kg、最大積載重量3.6kg)。価格もRonin-SC単体が51,300円。フォーカスホイールやギア、ロッド等のアクセサリーを同梱したRonin-SCコンボが62,100円。発売は7月17日より開始されている。

⬆Ronin-SC。単体のパッケージにはアプリ操作用のスマートフォンホルダー、レンズサポート、ミニ三脚が同梱される。

 

⬆バッテリーはRonin-S同様にグリップ型で個別に購入することもできる(8,640円)。最大11時間連続使用が可能。Ronin-Sとは互換性はない。

 

 

Roninシリーズとしては初めて被写体追尾のActive Trackに対応

スマホのRoninアプリ上で被写体を指定。動く被写体も自動追尾できる。

 

ジンバルをリモート操作できるForce Mobile機能

リモート操作でカメラのパンチルトを制御でき、ジンバル操作とカメラ操作を2人体制で分担できる。Ronin 2などのハイエンドモデルではForce Proというアクセサリーを別途用意することでサポートしていた機能がアプリ内で実現できる。

また、Ronin-Sにも搭載されていたパノラマ撮影、タイムラプス、モーションラプス、モーションコントロールの機能も備えられている。

 

●製品情報

https://www.dji.com/jp/ronin-sc